ガブリエル・モージェイと行くホリスティック・リトリート
五臓のSPA

五臓と五神(スピリット)を浄化し活性化させる東洋医学的アロマセラピー

ガブリエル・モージェイ7度目の来日となる2017年は、大自然の中で心身を浄化し、エネルギーを高めながら学ぶ、合宿形式の特別なワークショップ&リトリート。

理論クラスでは、東洋医学の五臓(肝-心-脾-肺-腎)の働きや不調の原因について、気・血・陰陽の観点から学びます。そして、五臓を強壮・調整・活性化させるのに最も有効な精油の東洋医学的・エネルギー的な作用と、ツボについての学びを深めます。また、7つのチャクラについて、エネルギー特性と心理-精神的な作用、そして五臓との精微な関わりについても学んでいきます。

実技クラスでは、精油とツボを用いたトリートメント実習。精油とツボを同時に使うことによる、パワフルでエネルギッシュな作用をどなたも体感することが可能です。

そして、瞑想、ヨガ、呼吸法、音楽を使ったユニークな「ダンスwith チャクラ」のムーブメントを通して参加者それぞれの“神”に平和と調和をもたらします。これは、現代人は忘れがちなことですが、セラピストにとって、また、大切な人を癒すために、最も大切なワークです。

大自然の中で、身体と魂の真のホリスティックな癒し、そして精油と東洋医学の深い学びを体験してみませんか? 自分自身の生命力をリフレッシュし、スピリットを調和させることで、セラピストとしてパワーアップし、また、大切な人を癒すエネルギーも高まることでしょう。

 
日程

2017年7月27日(木)~7月30日(日)3泊4日

滞在場所

御岳山の宿坊(お申込の方に詳細をお知らせします)

交通

JR青梅線御岳駅からバスとケーブルカー

集合・解散(予定)

7月27日(木)17:00頃 宿に集合、30日(日)16:30頃解散予定

受講料

113,400円(税込)

早期割引
2017年5月27日までにお申込の方は5% OFF 107,730円(税込)
受講料に加え、宿泊費(3日分)と食費(1日目夕食~4日目昼食まで、1日3食)として合計24,000円(税込)かかります。

定員30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

※男女別相部屋となります。男性の方は、近隣の宿泊場所のご利用をお願いすることがあります(料金は同一です)。

ワークショップスケジュール
Day1

2017年7月27日
17:00頃

20:00-21:00
集合、チェックイン後夕食

ウェルカムミーティング
Day2

2017年7月28日
8:30〜 ヨガと瞑想
10:00-12:00、
14:00-16:00、
16:30-18:30
テーマ:腎と脾を強壮する
・腎と脾のエネルギー的な働き
・関連チャクラ:Muladhara, Svadhishthana and Manipura Chakras
・不調のパターン:腎気虚、脾気虚、腎陽虚、脾陽虚、腎陰虚、脾陰虚
・精油Vetiveria zizanoides (vetiver), Cedrus atlantica (Atlas cedar), Chamaecyparis obtusa (hinoki), Pelargonium graveolens (geranium), Elettaria cardamomum (cardamom), Juniperus communis (juniper berry), Zingiber officinalis (ginger)
・実技:足と背中のツボを用いたアロマティックメリディアンマッサージ
Day3

2017年7月29日
8:30〜 ダンスwith チャクラ
11:00-12:00、
14:00-16:00、
16:30-18:30
テーマ:肝と心を調整する
・肝と心のエネルギー的な働き
・関連チャクラ:Ajna and Anahata
・不調のパターン:肝気・心気滞、肝陽・心陽の亢進、肝陰・心陰虚
・精油Chamaemelum nobile (Roman chamomile), Citrus junos (yuzu), Lavandula angustifolia (true lavender) Melissa officinalis (melissa), Rosa damascena (rose otto), Rosmarinus officinalis ct. camphor/cineole (rosemary), Nardostachys jatamansi (spikenard).
・実技:手、足と背中のツボを用いたアロマティックメリディアンマッサージ
20:00〜 音楽と瞑想の夕べ
Day4

2017年7月30日
8:30〜 ヨガと瞑想
10:00-12:00、
14:00-16:00
テーマ:肺を活性する
肺のエネルギー的な働き
・関連チャクラ:Vishuddha and Sahasrara
・不調のパターン:肺気虚、寒性の痰、熱性の痰、寒性の風邪、熱性の風邪
・精油Salvia lavandulifolia (Spanish sage), Eucalyptus radiata, Rosmarinus officinalis ct. verbenone (rosemary), Boswellia carteri (frankincense).
・実技:手、足と背中のツボを用いたアロマティックメリディアンマッサージ
16:30頃 解散

※参加者には英国ITHMAより修了証が授与されます。
※アロマセラピートリートメントの経験のある方が対象です。初心者の方はご相談ください。

講師紹介:ガブリエル・モージェイ

英国IFPA初代会長、英国ITHMA校長、英国鍼師協会会員、指圧協会会員

アロマセラピー、ハーバルメディスン、鍼、指圧マッサージの認定プラクティショナー。 Institute of Traditional Herbal Medicine and Aromatherapy(ITHMA)校長。IFPAの初代会長。 アメリカ、メキシコ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、フランス、チェコ、イギリスにおいて、国際学会での発表や講義を行う。著書に "Aromatherapy for Healing the Spirit (邦題:スピリットとアロマテラピー、フレグランスジャーナル社)″、共著に"Shiatsu: The Complete Guide" がある。 主な活動は、東洋医学的診断に基づいたクリニカルアロマセラピーの実践と精油の科学的側面との統合である。 2010年の初来日以降、毎年来日して日本人アロマセラピストへ情熱的な指導を続けている。

 
  • セミナー一覧はこちら
 
ページトップ