IFPA初代会長ガブリエル・モージェイ来日セミナー
スピリットの調和とアロマセラピー

マインド・心・魂・精気・志に働きかける〝新・ガブリエル流”アロマセラピー

スピリットの奥深くに働きかける、伝統的、且つ最も新しい“ガブリエル流”アロマセラピーアプローチを学んでみませんか?

このセミナーでは、ガブリエル・モージェイが、うつ、不安などの精神面・感情面の問題をテーマに挙げながら、東洋医学の五神(5つのスピリット)について詳しく解説し、クライアントを深く考察する手法を伝授します。

そして、1つ1つの精油について、東洋医学的な作用、伝統的治療における作用、そして最新エビデンスに基づいた薬理作用を紹介し、その精油の効果を最も発揮できるツボと経絡を用いたトリートメント技術を伝授します。

例えば、最新のリサーチにおいて神経循環器系強壮作用、回復作用、高揚作用が認められているローズマリー・カンファ―タイプの芳香エネルギーは、東洋医学的には“気を強壮”し、特に“心と神(意識)”に働きかけます。この精油の最も有効的な使用法は、心の経絡、特に心経5番(通里)のツボに塗り込むことです。このように、ワークショップでは、精油と共に使うと更に効果がアップするツボや経絡を用いた実践的なアプローチを紹介していきます。

アロマセラピーにおける精神面・感情面におけるアプローチについて、これほどまでに深く探究するコースは他にありません。コース修了後は、誰もが、精油に関する深い知識は勿論のこと、ガブリエル直伝の鋭い洞察力と直観力、繊細な感性までもが身についていることに驚かれることでしょう。

ガブリエル・モージェイ自身による実技指導は、イギリスでもなかなか受けることはできません。アロマセラピー界のベストセラー「スピリットとアロマテラピー」の日本での発売から15年、そこから更に進化と発展を遂げたガブリエル・モージェイによる日本のセラピストのための渾身のワークショップ、是非ご参加ください。

このような方におすすめです
・世界の第一人者から直接学びたい方
・クライアントのスピリットの奥深くにアプローチしたいアロマセラピスト、またはアロマセラピーを勉強中の方
・アロマセラピーの施術効果を高めたいアロマセラピスト、またはアロマセラピーを勉強中の方
・アロマセラピー、ハーブ療法に興味があり、理解を深めたい方
・精油の東洋医学的作用、歴史的活用法、最新リサーチエビデンスを学びたい方
・心理学、精神医学にご興味のある方、医療従事者
・植物の持つ生命エネルギーや東洋医学にご興味のある方

 
日程

2016年2月12日(金)、13日(土)、14日(日)
初日10:00-17:30、2日目&3日目 9:30-17:00

受講時間・受講料

全22.5時間 受講料:113,400円(税込)

早期割引
2か月前までにお申し込み・お振込みの方は10%オフ
1か月前までにお申し込み・お振込みの方は5%オフ

IFPA会員割引
IFPA会員の方は、10%OFFとなります。 会員番号と有効期限をお知らせください。

講師紹介:ガブリエル・モージェイ

英国IFPA初代会長、英国ITHMA校長、英国鍼師協会会員、指圧協会会員

アロマセラピー、ハーバルメディスン、鍼、指圧マッサージの認定プラクティショナー。 Institute of Traditional Herbal Medicine and Aromatherapy(ITHMA)校長。IFPAの初代会長。 アメリカ、メキシコ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、フランス、チェコ、イギリスにおいて、国際学会での発表や講義を行う。著書に "Aromatherapy for Healing the Spirit (邦題:スピリットとアロマテラピー、フレグランスジャーナル社)″、共著に"Shiatsu: The Complete Guide" がある。 主な活動は、東洋医学的診断に基づいたクリニカルアロマセラピーの実践と精油の科学的側面との統合である。 2010年の初来日以降、毎年来日して日本人アロマセラピストへ情熱的な指導を続けている。

 
クラススケジュール
Day1

2016年2月12日(金)
10:00-17:30
テーマ:
火のエレメント 心と「神」
精油:
Cananga odorata (ylang ylang), Citrus aurantium var. amara (neroli), Lavandula angustifolia (true lavender), Angelica archangelica (angelica root), Nardostachys jatamansi (spikenard), Rosmarinus officinalis (rosemary), Rosa damascena (rose otto), Melissa officinalis (melissa)

実技:
手の心経、心包経に対する経絡トリートメント
Day2

2016年2月13日(土)
9:30-17:00
テーマ:
水のエレメント 腎と「志」
精油:
Chyrsopogon zizanoides (vetiver), Cedrus atlantica (Atlas cedar), Pelargonium spp. (geranium)

実技:
足の腎経に対する経絡トリートメント

テーマ:
木のエレメント 肝と「魂」
精油:
Chamaemelum nobile (Roman chamomile), Citrus aurantium ssp. bergamia (bergamot), Citrus sinensis (sweet orange), Citrus x limon (lemon)
実技:
足の肝経、首の胆経に対する経絡トリートメント
Day3

2016年2月14日(日)
9:30-17:00
テーマ:
土のエレメント 脾と「意」
精油:
Elettaria cardamomum (cardamon), Pogostemon cablin (patchouli), Santalum austrocaledonicum (sandalwood)
実技:
足の脾経、胃経、頭部の督脈に対する経絡トリートメント

テーマ:
金のエレメント 肺と「魄」
精油:
Salvia sclarea (clary sage), Salvia lavandulifola (Spanish sage),  Cupressus sempervirens (cypress), Boswellia carterii (frankincense)
実技:
手の肺経、大腸経に対する経絡トリートメント

※コースで紹介する精油は変更になる可能性がございます。
※3日間出席された方には、英国ITHMAよりサーティフィケイトが授与されます。
※アロマセラピー初心者の方は英国式アロマセラピー基礎コース、東洋医学初心者の方は東洋医学とアロマセラピーワークショップ理論編とのセット受講をお勧めいたします。また、経絡を用いたアロマセラピー実技の基礎を学びたい方は、ITHMA認定アロマティックメリディアン基礎コースとのセット受講をお勧めいたします。

  • セミナー一覧はこちら
 
ページトップ