ロイヤルフリーホスピタル キース・ハント氏来日セミナー
医療におけるホリスティックケア

英国ロイヤルフリーホスピタルの現場から

イギリスで最も大きな総合病院の1つであるロイヤルフリーホスピタル。
ここでは、全ての病棟で補完療法チームがアロマセラピーマッサージなどのサービスを無料で提供し、年間21000人もの患者さんがケアを受けています。

2014年秋、このロイヤルフリーホスピタルで、補完療法コーディネーターを務めるキース・ハント氏が来日!

20年に渡り、医療現場で培った補完療法サービスのノウハウを、日本で初めて実技付きで指導します。

クリニカルな現場で働きたいセラピストの方、補完療法サービスを取り入れることを希望している医療従事者の方、介護や看護が必要な家族と暮らすセラピストの方など、必見の講座です!

 
日程

2014年11月29日(土) 10:00~17:00

受講時間・受講料

全7時間 受講料:32,400円

講師紹介:キース・ハント

英国ロイヤルフリーホスピタル補完療法コーディネーター。

1960年代からロイヤルフリーホスピタルに在籍。世界的に有名なセラピストであるクレア・マックスウェル・ハドソンに師事。20年以上にわたり、外科、内科、産婦人科、腫瘍科、緩和ケア、集中治療など全ての病棟にてアロマセラピーマッサージやリフレクソロジーなどの補完療法サービスを行う。病院の中でセルフマッサージのワークショップを開催するほか、全国の医療機関での補完療法導入へのコンサルティングも行っている。1999年にカムデングッドシチズン賞を受賞、2013年1月バッキンガム宮殿にてチャールズ皇太子より大英帝国勲章MBEを受賞。

 
主な講座内容(予定)
  • 認知症患者への様々なアプローチ
  • 注意転換法~患者の痛みや恐怖を取り除くための手法~
  • 隔離患者へのグローブを用いたワーク
    ラテックス手袋を使用することで、免疫力が非常に低下している隔離患者にも、違和感なく、人の温かい手によるスキンシップをお受け頂くことが可能になります。
  • 医療用弾性ストッキングの安全な着脱方法
    脚の浮腫や深部静脈血栓の予防のための弾性ストッキング。セラピストがマッサージの為脱がしたり、終わった後に履かせたりする際、下手にすると、患者の脚を爪でひっかいてしまったり、ストッキングにしわが出てしまい、血流、リンパ流が妨げられる恐れがあります。上手に、安全に着脱する方法を知っておくと、病院で施術をするセラピストにとってはとても役立ちます。
  • ターミナル患者へのケア
  • AWS(腋窩リンパ管線維化症候群)に対するケア
    乳がん治療で腋窩リンパ節郭清後に、多くの患者で腕のリンパ管が詰まって、線維化を起こす現象が見られます。痛みが強く、腕の可動域が制限され、日常生活に支障が出ることもあります。病院では対処法がないこの症状に、キース先生の技術は大変役立ちます。
  • 医療現場での傾聴スキル
    施術中、不安な想いを上手に聞いて、共感してさしあげることで、患者の心を軽くし、ストレスを緩和することが出来ます。そして、得た情報を患者の個人情報の漏えいにならないように看護スタッフに伝えることで、患者がより良い看護を受けることへとつながります。
  • 集中治療室でのケア
    集中治療室で心拍数が速すぎて生命の危険がある患者の心拍数を下げるためのテクニック。
  • 軽擦法のみを用いた患者へのボディマッサージのバリエーション 背中・腹部など(デモ&実技)
  • 病状が深刻な患者にも施術可能なフェイシャルマッサージ(デモと実技)
    顔は、病状が重くて身体には触れられない方にも行える唯一の部位。患者の心を癒し、緊張や不安を和らげ、深くリラックスさせるために大変有効です。優しいゆっくりとしたストロークのアプローチをご紹介。

※ アロマセラピー、ボディワークなど、実技の経験がある方が対象です。
  初心者の方は、IMSIの各種基礎コースを受講されることをお勧めします。
※ 大阪クラスは11/30(日)にジャパン・エコール・デ・アロマテラピー(JEA)にて開講されます。
  問い合わせ・申し込みTel0120-872-700  http://www.aromaschool.jp/

  • セミナー一覧はこちら
 
ページトップ