英国ITHMA認定アロマティック メリディアンマッサージコース

東洋医学のツボと経路をしっかり学びアロマセラピーの効果を高める

アロマティック・メリディアンマッサージとは、東洋医学とアロマセラピーを融合させた第一人者ガブリエル・モージェイが開発した、経絡・ツボの作用と精油の東洋医学的な作用を組み合わせた独特の手法です。

例えば、心包経6番「内関」のツボは心の気血を調整し、神(しん)を鎮静します。これと東洋医学的に同じ働きを持つ精油は真正ラベンダーです。また、脾経6番「三陰交」のツボは、肝気を調整し血と陰を強壮することから、ゼラニウム精油と同じ性質を持ちます。このように、東洋医学的性質の似通ったツボと精油を併用することで相乗作用を持つことになり、経絡を通る生命エネルギーの活性化を更に高めることが可能になるのです。この技術は、アロマセラピートリートメントの有用性を劇的に変化させ、世界中のアロマセラピストのスキルアップに貢献してきました。

このコースでは、前半の2日間は、経絡の理論と全身の経絡の流れを徹底的に学習します。また、「教科書に載っているツボ」ではなくても、皮膚上に現れる「反応」を感じる「手」を作ります。そして、後半の2日間で、精油の力と経絡テクニックを駆使して、その反応を変化させていきます。

東洋医学の実践的な技術を学びたい方、スキルアップしたいセラピスト、ボディワーカーの方に特におすすめのコースです。

 
日程

2017年4月10日(月)、4月11日(火)、5月15日(月)、5月16日(火)
2017年8月20日(日)、8月27日(日)、9月3日(日)、9月10日(日)
2017年10月11日(水)、10月25日(水)、11月8日(水)、11月22日(水)

受講時間・受講料

全28時間 受講料:129,600円(税込)

講師紹介

担当講師:冨野 玲子

クラススケジュール 10:00-17:00
クラス 内容
1
  • 経絡とは?
  • 全身の14経絡の流れ
  • 皮膚上の反応(へこみ、張り、ディポジット等)を探す
  • 虚と実の見方
  • 手足の主要な経穴の位置と効用
2
  • 背部、腹部の主要な経穴の位置と効用
  • 五行穴、原穴、絡穴、げき穴、募穴、兪穴、四総穴、八総穴
  • 身体面、精神面に対するツボの効用
  • 背部、腹部の主要な経穴とトリートメントによる反応の変化の見方
3
  • 主要精油の東洋医学的効用
  • アロマティック・メリディアンマッサージ<腕、脚>
4
  • 主要精油の東洋医学的効用
  • アロマティック・メリディアンマッサージ<腹部、背部、顔>

※全てのクラスに参加した方には、英国ITHMAより修了証が授与されます。
※東洋医学初心者の方は、東洋医学とアロマセラピーワークショップ とのセット受講がおすすめです。
※アロマセラピー初心者の方は、IMSIアロマセラピー 3Dayコースとのセット受講がおすすめです。
※旧東洋医学とアロマセラピーワークショップツボと経絡実技編卒業生の方、鍼灸師の方、過去に全身の経絡を学んだ方は、クラス3,4のみの受講が可能です。(受講料60,000円+税)
※男性の受講者は、ボディの施術を行うクラス2と4に関しては、別途補講クラス(有料)を設けさせて頂きます。クラス1と3は、コースにご参加頂けます。

  • セミナー一覧はこちら
 
ページトップ