セラピストのための体表解剖ワークショップ

全身の筋肉、骨格の構造を3次元で確認しながら楽しく学ぶワークショップ

セラピストがクライアントの身体に触れる時、ただ「なんとなく」触れるのではなく、明確な目的をもって触れることが重要です。

その目的とは、「皮膚」「筋肉」「リンパ」など「解剖学的に形があるもの」の場合もありますし、「反射区」「経絡」「ツボ」など「解剖学的に形がないもの」の場合もあります。

いずれの場合にしても、トリートメントの有用性を高めるために絶対に必要なのが「体表解剖」の知識です。これは、筋肉・骨格の構造を3次元的に理解し、且つこれらを体表から正確に触察する方法です。

「なんとなくこの辺の筋肉」という理解から、起始と停止を定めてしっかりと筋肉を捉えられるように、「だいたいこの辺のツボ」という理解から、骨の凹凸を定めてしっかりとツボを捉えられるように、セラピストとしてステップアップしてみませんか?

どのようなジャンルのセラピーであっても、体表解剖を学ぶことで、人に触れることがもっと楽しくなり、自分のセラピーにもっと自信を持てるようになるでしょう。既にセラピストとして活動中の方はもちろん、これからセラピーを学び始める方、人体に興味のある方におすすめのワークショップです。

 
受講時間・受講料

全14時間 受講料:54,000円(税込)            CLUB IMSI会員価格 48,600円(税込)

講師紹介

担当講師:横山 亜希

講座内容

【Day1】

  • 骨と筋肉の概要
  • 下肢の骨格(寛骨、大腿骨、膝蓋骨、腓骨、脛骨、足の骨など)と骨指標
  • 上肢の骨格(肩甲骨、鎖骨、上腕骨、橈骨、尺骨、手の骨など)と骨指標
  • 上肢、下肢の主な筋肉(起始、停止位置)
  • 関節の仕組み

【Day2】

  • 体幹部の骨格(椎骨、仙骨、尾骨、肋骨、胸骨など)と骨指標
  • 体幹部の主な筋肉(起始、停止位置)
  • 上肢、下肢、体幹部の骨指標や筋肉に触れてみよう!
  • セラピストとして注意しなければならないこと(骨折しやすい骨、疲労し やすい筋肉、スポーツ疾患の方への対応等)

※女性の方を対象とした講座です。男性の方はプライベートレッスン(要モデル・料金別途)で承ります。

  • セミナー一覧はこちら
 
ページトップ