よくある質問

「日本の資格と英国の資格、どちらが良いのでしょうか?」

アロマセラピーをこれから学ぼうとする方に、よく聞かれる質問です。
その他にも、

「就職に有利なのは、IFPA、IFA、AEAJ?」

「海外の資格を持っていたら、通用しますか?」

「国内で就職するには、日本の資格だけで十分?」

という質問をよく頂きます。

どちらが有利? 強い? 通用する?

これらを考える前に、IMSIのアロマ体験会では、「どんなアロマセラピストになりたいですか?」ということを、まずは確認させて頂いています。

何故なら、それによって、学ぶべき方向が変わってくるからです。

1)アロマセラピストとして、どのような現場で活動したいですか?

例)医療現場で働きたい、SPAに就職したい、開業したい、ボランティアをしたい、子育てやスポーツ、教育に取り入れたいなど

2)精油をどのように使いたいですか?

例)薬理効果を重視したい、東洋医学的な作用に注目して使いたい、芸術性を大切にしたい、安全性を重視したい、香りを楽しみたいなど

3)他にも、人に役立つセラピーはある中、本当にアロマセラピーを学びたいのでしょうか?

例)人に喜ばれるセラピーを学びたい、気軽に行えるセラピーを学びたい、即効性があるものを学びたい、●●(疾患名)に効果があるセラピーを学びたいなど

現在、日本でアロマセラピーを指導する学校は200校以上、そして、様々な名前の資格があり、スクールや資格を探されている方から「すごく迷う!」というお声をよく耳にします。

情報検索ばかりで頭がいっぱいになって、自分の決断に自信がなくなってしまうより、IMSIでは、自分の身体とハートを使って、実際に足を運んで行動することをおススメします。

特に、国内と海外のアロマセラピー資格で迷われている方、IFPA、IFA、AEAJの違いで迷われている方、真剣に「本格的にアロマセラピーを学びたい」「人の役に立つセラピストになりたい」考えている方は、日本と海外の情報をふまえて選択したほうが、後悔がないでしょう。

IMSIのアロマ体験会では、日本と海外、両方のアロマセラピーについて精通した講師が担当し、相談に乗らせて頂きます。海外のこと、メディカル現場こと、就職の実情などは、ネット検索で情報収集することは、まず不可能なのです。

セラピストとは、本当に人生を豊かにし、周りへも影響していく仕事。そして、大切なお金と時間、エネルギーをかけて真剣に学ぶからこそ、「資格取得までの学びはとても大切、だけど、資格はゴールではない」ということ、業界の真実を正しく伝えていきたいと思っています。

アロマ体験会、説明会担当 冨野、嵯峨、鈴木

アロマセラピー体験会はこちらから

英国IFPA認定アロマセラピーディプロマコース

IFPAとはも併せてお読みください。

 
ページトップ