コース/講座紹介 英国IFPAアロマセラピー

国際プロフェッショナルアロマセラピー コンサルタントコース<英国IFPA資格対応>

申し込み受付中
アロマセラピーのカウンセリングをしているメディカルアロマセラピストとクライアント
申し込み受付中

国際プロフェッショナルアロマセラピー コンサルタントコース<英国IFPA資格対応>

香りの専門家「アロマセラピーコンサルタント」を目指す英国IFPA資格対応コース

  • オンライン
  • LIVE
  • 国際資格
  • 仕事にしたい
  • 初心者OK
  • メディカル
  • 専門性アップ
  • 家族のケア
  • セルフケア
  • 高齢者のために
  • 子どものために
  • スポーツ選手のために

取得できる資格

英国IFPA認定アロマセラピスト

受講期間

約8ヶ月

受講料

540,000円(税込)

100,000円相当のオーガニック精油セットつき。
医療国家資格保持者、他協会の資格をお持ちの免除については、お問い合わせください。

この講座の特徴

  • オンラインで国際的なプロフェッショナルアロマセラピスト資格が取得できるコース。
  • 日本で唯一、東洋医学を必修としたIFPAコース。陰陽五行からのブレンディングも学びます。
  • アスリート、ビジネスパーソン、アーティスト、受験生のサポートにも有効な精油の活用を学びます。
  • 「香りの専門家」として空間プロデュースやパーソナルコンサルタントなど、活動の幅が広がります。
  • 学習精油は70種、和精油や希少精油も学び、香りのプロとして自信をつけます。
  • 医療従事者、カウンセラー、教育者、スポーツやアートの指導者など、専門職のスキルアップにも最適です。

講座の概略

精油を吸入すると、香りの成分が瞬時に脳に伝わります。その精神、感情面への作用や身体面への作用、能力開花との関連は、海外では広く研究され、医療や介護、福祉、ビジネス、スポーツ、教育、アートなど、幅広い分野で応用されています。

香りを嗅ぐことで認められている作用
・記憶力、集中力の改善
・睡眠の質の向上
・痛みや苦痛の緩和
・呼吸が深くなる、血中酸素量の改善
・抗うつ作用、抗不安作用、抗ストレス作用
・学習能力、意欲の向上 ほか

このコースでは、世界最高峰のIFPAのカリキュラムに基づき、アロマセラピーの知識、コンサルテーション、精油のブレンド法、身体面・精神面へのアロマセラピーの応用を学んでいきます。コース卒業後は、クライアントにオリジナルのアロマセラピーブレンディングを提案、作成できるプロのアロマセラピーコンサルタントとしての活躍の舞台が広がります。

カウンセリングをするメディカルアロマセラピーコンサルタント

講座概要

受講期間

約8ヶ月

受講料

540,000円(税込)

100,000円相当のオーガニック精油セットつき。
医療国家資格保持者、他協会の資格をお持ちの免除については、お問い合わせください。

分割・ローンをご希望の方はこちら

持ち物

筆記用具

開催場所

オンライン

その他

試験(アロマセラピー理論、解剖生理学)はオンラインではなく来校となりますが、海外在住の方はご相談ください。
国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコース<英国IFPA資格対応>と合同クラスです。

講座日程

2022年5月21日(土)スタート<土曜コース>

5月21日(土)、6月4日(土)、6月18日(土)、7月9日(土)、7月23日(土)、8月6日(土)、8月13日(土)、9月10日(土)

時間:10:00-17:00

2022年8月5日(金)スタート<金曜コース>

8月5日(金)、8月19日(金)、8月26日(金)、9月9日(金)、10月7日(金)、10月21日(金)、11月4日(金)、12月9日(金)

時間:10:00-17:00

2022年11月6日(日)スタート<日曜コース>

11月6日(日)、11月13日(日)、11月27日(日)、12月18日(日)、2023年1月22日(日)、2月5日(日)、2月19日(日)、3月19日(日)

時間:10:00-17:00

講座詳細

クラス1:

  • アロマセラピー基礎①精油の使い方、抽出法・植物学、精油学(1章)

クラス2:

  • アロマセラピー基礎②精油の化学、キャリアオイル、ブレンディング、精油学(2章、5章)

クラス3:

  • アロマセラピー基礎③症例とメディカルアロマセラピー、精油学、薬物相互作用(3章、4章)

クラス4:

  • コンサルテーション、法律、様々なアロマセラピーのアプリケーション

クラス5:

  • 医療の中のアロマセラピー、緩和ケア、国際アロマセラピー事情、精油学(8章、9章)

クラス6:

  • 介護、高齢者、妊産婦・ベビーケア、精油学、アロマ理論確認テスト(10章、11章)

クラス7:

  • 東洋医学とアロマセラピー、精油学、解剖生理学確認テスト

クラス8:

  • コンサルテーション&ブレンディング実践、ケーススタディ発表会

※全8回のオンライン授業のほか、アロマセラピー理論(60時間相当)、法律・ビジネス・リサーチ(21時間相当)、解剖生理学・病理学(65時間相当)のディスタンスラーニング、50ケーススタディ(トリートメントではなく、精油ブレンディングのケーススタディ)、試験(アロマセラピー理論と解剖生理学、各2時間)がコースに含まれます。

※上記のオンラインクラスのほか、IMSIで開催される芳香植物蒸留会に無料で参加が可能です(来校のみ)。

国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコース<英国IFPA資格対応>と合同クラスです。トリートメントを習得したい方は、このコース修了後、国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコースへの編入も可能です。その場合、理論科目が免除されます。

このような方に
おすすめです

  • 空間プロデュースやパーソナルコンサルタントなど、アロマセラピーをビジネスに活用したい方
  • 医療、介護、心理、教育などの専門職の方で、仕事にアロマセラピーを取り入れたい方
  • セラピスト、美容師、スポーツやアートの指導者、ヨガ講師などで、活動にアロマセラピーを取り入れたい方
  • 植物や香りが好きで、アロマセラピーに関する商品開発を仕事にしたい方
  • メディカルアロマセラピーを学び、家族や友人のケアに役立てたい方

講師紹介

学院長

冨野 玲子

IMSI学院長 冨野 玲子
学院長

冨野 玲子

学生時代にベトナムに留学。人々が西洋医学に頼らず自然療法で病気を治し、イキイキと暮らしている姿を見て感動する。社会人時代に、ヨーロッパでは病院の中で「セラピスト」という専門家が、患者さんにホリスティックな自然療法ケアを行っていると知り、渡英してアロマセラピストの道へ。帰国後、セラピスト・講師活動をしながら、更に「効果があって禁忌がない」自然療法を学ぶために世界を旅し、ベトナムでディエンチャン顔反射療法を、南アフリカで現地の国家資格であるセラピューティックリフレクソロジーを学ぶ。様々な学びの中で「日本人がホリスティックな視点に立つ時、東洋医学に辿り着く」と気づき、鍼灸師の資格を取得。東洋医学を自然療法と融合させ、楽しく、分かりやすく、実践しやすい形で人に伝えていくことを使命としている。病院や障がい者施設などでのボランティア活動もライフワークしている。

副学院長

嵯峨 慈子

IMSI 副学院長 嵯峨 慈子
副学院長

嵯峨 慈子

競泳選手として過ごした学生時代からメンタルとフィジカル面の調和に強い関心をもち、スポーツ健康学やアロマセラピー、原始反射統合など脳の教育プログラムを英国や米国で学ぶ。以来、20年以上にわたりアスリートケアや子どもの発達、高齢者の健康プログラムまで、脳と身体をイキイキとのびやかに導くセッションやレッスンを行っている。20代後半で英国に暮らし、アロマセラピストの仕事を通じて、様々な国の人の健康観や考えに触れ、視野が広がったことが人生の宝に。誰もが自分らしく、笑顔で人生を充実させていく、そんな世界が広がっていくことを夢みて自らも実現中。著書にアロマと運動療法でメンタルに働きかける『なんとなく不安…がなくなる本(三笠書房)』がある。

横山 亜希

横山 亜希

横山 亜希

大学在学中にアロマセラピーと出会い、スポーツ選手のケアにアロマセラピーを取り入れることに興味を持つ。スパ勤務を経て、東海大学水泳部トレーナーとして日本選手権、日本学生選手権などの大会やアリゾナ州フラッグスタッフでの高地トレーニングに帯同し、スポーツ障害の予防、スポーツ障害後のケア、メンタルケア等をアロマセラピーを用いて行う。競泳オリンピック代表、世界水泳代表選手をはじめ、プロビーチバレー、柔道、テニス、スカッシュ等の選手のケアにもアロマセラピーを取り入れる。順天堂大学大学院にて心拍変動を用いてアロマセラピーと自律神経について研究を行い修士を取得。スポーツ選手も含め、多くの方が病気やケガ等になってしまってから対処することが多い現状の中、「対処から予防へ」という考え方を広めるため、自然療法と運動療法を組み合わせたセラピスト、トレーナー、講師として活動中。

榎本 敦子

榎本 敦子

榎本 敦子

自衛隊という厳しい社会で仕事をする中で心身共に疲れた時にアロマセラピーと出会い、頑張りすぎず緩めることの大切さを感じる。結婚後、ナチュラルなケアで家族を癒すことができたらと家事・育児・仕事をしながらアロマセラピーを学びIFPA資格を取得。効果の高いセラピーを提供できるサロンを目指してセラピューティックリフレクソロジー、ディエンチャン顔反射療法も同時に学び、自宅サロンを開業。「もっと身近にしぜん養生」をモットーにアロマや薬膳の講座などを地元を中心に展開中。

英国IFPAとは

IFPAロゴ

必修科目修了、試験合格後、IMSIよりディプロマが授与されます。英国IFPAへ申請手続き後、IFPA認定正会員資格が与えられ、証書が送られます。IFPA認定アロマセラピストの資格を持つということは、世界レベルの知識と技術、豊富な臨床経験を持つセラピストとしての証となり、心身の健康の専門家として活躍するチャンスにつながります。
英国IFPAのことを知りたい方は、IFPA(The International Federation of Professional Aromatherapists)とはをお読みください。

IFPAコース受講生のリアル

「クラスメイトはどんな人?」「お仕事と両立させながら通っている人はいる?」「受講生はどんな目的で学んでいるの?」そんな疑問をお持ちの方、是非このような人がIFPAアロマセラピーコースで学んでいますをお読みください。
20年の歴史を持つIMSIのIFPAコースで学んだ受講生様の職業、年代、お住まいの地域、受講目的などについてお伝えしています。

医療現場におけるアロマセラピー(メディカルアロマの現状)

メディカルアロマセラピーに関心のある方、医療現場でアロマセラピーを導入したいとお考えの方は、是非医療現場におけるアロマセラピー(メディカルアロマの現状)をお読みください。イギリスと日本における、医療の中で行うアロマセラピーについて紹介しています。

医療従事者(看護師など)がアロマセラピーを仕事に活かすには

IMSIでは、既に医療系国家資格をお持ちの方や、医療現場でお仕事をされている方も多くアロマセラピーを学ばれています。医療従事者(看護師など)がアロマセラピーを仕事に活かすにはのコラムでは、看護師などの医療従事者の方が、IFPAコース卒業後、どのようにアロマセラピーを仕事に活かしているかをご紹介します。

医療資格を持っていないセラピストが医療現場で働くには?

「医療系国家資格を持っていなくても、医療現場でセラピストとして仕事をすることは可能ですか?」というご質問をよくいただきます。20年前は、夢のまた夢のようなお話でしたが、現在ではアロマセラピーのパイオニアたちが、少しずつ道を切り開きつつあります。是非医療資格を持っていないセラピストが医療現場で働くには?のコラムをお読みください。

アクセス

[ 住所 ]

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-13-17-A

[ 交通 ]

  • 東京メトロ副都心線「明治神宮外苑駅」5番出口より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩5分
  • JR山手線「原宿駅」より徒歩10分

講座日程

2022年5月21日(土)スタート<土曜コース>

5月21日(土)、6月4日(土)、6月18日(土)、7月9日(土)、7月23日(土)、8月6日(土)、8月13日(土)、9月10日(土)

時間:10:00-17:00

2022年8月5日(金)スタート<金曜コース>

8月5日(金)、8月19日(金)、8月26日(金)、9月9日(金)、10月7日(金)、10月21日(金)、11月4日(金)、12月9日(金)

時間:10:00-17:00

2022年11月6日(日)スタート<日曜コース>

11月6日(日)、11月13日(日)、11月27日(日)、12月18日(日)、2023年1月22日(日)、2月5日(日)、2月19日(日)、3月19日(日)

時間:10:00-17:00

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ