• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら

「患者さん中心の医療」が当たり前の国・オランダより
医療現場で行うクリニカルアロマセラピー

認知症、がん、緩和ケアの現場で行われる最前線のFusion AromaCare™

オランダは、世界で初めて安楽死を法的に認めた国であり、医療において「患者さんの意思を尊重すること」を何よりも大切に考える風潮があります。そのような中で、ホスピスや緩和ケア、在宅医療も大変盛んで、アロマセラピーは、心身の回復やQOL向上に欠かせない補完療法として役立てられています。

アロマセラピーは、痛みのコントロール、不安やストレスの軽減、スキンケア、口腔ケア、治療の副作用の軽減に大変有効で、余計な薬の投与を軽減することにもつながります。そして、患者さんの心・身体・精神の全てにおいて強さを与えます。きちんと学べば、赤ちゃんから高齢者まで、人生のどのステージにおいても、活用していくことができるのです。

このワークショップでは、オランダにおけるクリニカルアロマセラピーの第一人者、マデレイン・ケルホフが創始した医療現場で精油とCO₂エクストラクトを積極的に活用する手法を、様々な科学的データとともに実践的にご紹介します。アロマセラピーを医療や介護の現場で活かし、自信を持って行うためのアプローチ法を身につけませんか?

 

このような方におすすめです

  • 医療現場にアロマセラピーを導入したいセラピスト、医療従事者
  • アロマセラピーの可能性を深く学びたい方
  • 精油とCO₂エクストラクトの科学的データとエビデンスを知りたい方
  • セルフケア、家族や友人へのケアにアロマセラピーを活用したい方
  • 海外の統合医療や補完療法事情に興味がある方

受講時間・受講料

全21時間 (途中休憩をはさみます)71,500円(税込) 
※3日間のうち、1日または2日のみのご受講も可能です。1日27,500円(税込)

日時

2020年10月31日(土)~2020年11月2日(月) 10:00~17:00
この講座はオンラインで開催されます。
インターネットに接続できる環境で、パソコン(カメラ、マイク付き)、スマートフォンでご参加いただけます。

LIVEインターネットライブ配信 限定開催
インターネットを利用したライブ配信のみで開催します。

講座内容

通訳付き

  テーマ 内容
DAY1
10月31日(土)
高齢者ケアと認知症患者へのアロマセラピー
  • 香りと認知に関する最新の考察
  • 記憶を呼び覚ますアロマセラピー
  • 諸症状に対するアロマセラピーケア
  • 不安、恐怖、落ち着きのなさ
  • ケアする側のストレス、喪失感
  • 高齢者特有の痛み(抹消神経性、関節痛、筋肉痛など)
  • アルツハイマー、血管性認知症
  • こむら返り、むずむず脚
  • 腹部のひきつり
  • ヘルペス、帯状疱疹後の痛み
  • 老化肌、痒み、真菌感染症
  • 皮膚の感染防止と創傷治癒
  • ドライマウス
  • 口臭
DAY2
11月1日(日)
がん患者へのアロマセラピー
  • がんについての情報と諸症状に対するアロマセラピーケア
  • 口渇、口内炎
  • カンジダ症、真菌感染症
  • 放射線治療後の食道の炎症や痛み(食道、肺、乳)
  • 胃の不快感、吐き気
  • 術後の患者さんが食べられるようになるまでのサポート
  • 呼吸困難
  • がんの痛み
  • 放射線療法後の皮膚症状(痛み、灼熱感、痒み、赤み)
  • 手足症候群(化学療法の副作用による手足の皮膚障害)
  • 爪の変形、炎症、痛み(化学療法の副作用による)
  • 脱毛、頭皮ケア
  • 感情、恐怖、絶望、怒り、悲しみ、罪悪感
  • うつ、スピリチュアルな痛み
  • 疲労感
  • 睡眠の問題
DAY3
11月2日(月)
ターミナルケア、緩和ケアの中で行うアロマセラピー
  • 人生の最も印象的な時間を過ごすにあたり本人や愛する人々に役立つアロマセラピー 
  • 部屋の悪臭の除去、雰囲気の改善
  • 諸症状に対するアロマセラピーケア
  • 恐れと不安、悲しみ、うつ、落胆
  • 介護者の慢性疲労、絶望感
  • 不眠、落ち着きのなさ
  • せん妄、意識の混乱、思考力低下、見当識障がい、悪い記憶、失語、幻覚
  • スピリチュアルな痛み
  • 呼吸困難
  • 皮膚の問題、創傷
  • 平和的な心地良さを提供するためのホリスティックなアロマケア
  • 死後のケア

マッサージは有効なアロマセラピーの応用の1つですが、このセミナーでは、主に、拡散(ディフューザーなど)、吸入(インヘーラー、パッチなど)、ローション・オイル・ジェルの塗布、温/冷湿布、入浴・足浴など、マッサージ以外の手法を中心に紹介していきます。セラピストから一方的に「してもらう」だけのアロマセラピーではなく、患者さん自身や愛する人々でケアを行うことはクリニカルアロマセラピーの重要な一面だとマデレイン先生は述べています。

※アロマセラピーを6時間以上学ばれた方、セラピストの実務経験のある方、医療・介護従者の方が対象です。アロマセラピー初心者の方は、IMSIの講座やプライベートクラスを受講されることをお勧めします。ご相談ください。
※3日間全て参加された方には、マデレイン・ケルホフ氏より修了証が授与されます。

講師紹介:マデレイン・ケルホフ

看護師として病院で働く中で、よりホリスティックなアプローチに情熱を注ぐようになり、補完療法の道へ。クリニカルアロマセラピーをはじめとする補完療法の分野で20年以上の経験を持ち、特に高齢者、がん患者、緩和ケアとターミナルケアの分野における専門家として豊富な知識と経験を持つ。科学に基づいた安全で効果的なツールとして病院やホスピスなどの医療現場でアロマセラピーやタッチケアを取り入れている。世界を旅し、ヘルスケアの専門家や看護師向けにアロマセラピーを伝えることで、患者とその愛する人たちのQOL(生活の質)を高めることに尽力している。

Nursing’s Quality Registry理事
Dutch Nurses Society and Palliactief アドバイザー
American Holistic Nurse Association会員, NANA会員
緩和ケアの分野で慈善事業を行うDe Levensboom基金の理事長
国立マルタ癌基金への貢献が認められ、マルタの大統領より表彰を受ける

著書に"Complementary Nursing in End of Life Care(2015)" "CO2 Extracts in Aromatherapy, 50+ Extracts for Clinical Applications(2018)"がある。

 

※ お申し込みの方は「受講日程を選ぶ」ボタンをクリックして、ご希望する日程をお選びください

 
ページトップ

無料講座体験会

少しでも気になる方はまずは無料体験会へ!

説明会

IMSIのことをもっと知りたい方はこちら

説明会はこちら

資料請求

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求はこちら

メルマガ登録

まずは気軽にメルマガ登録という方はこちら

メルマガ登録はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-458-234

IMSIスタッフ3人が並んでいる写真

法人企業・団体・学校の関係者の方へ

IMSIでは、自然療法に関する講演、セミナー、スパプロデュース、医療機関へのセラピーの導入、商品コンサルティング等、様々なお仕事のご依頼を承っております。まずは、お気軽にご相談ください。

アロマスクールIMSIの英国IFPA認定アロマセラピー/「患者さん中心の医療」が当たり前の国・オランダより 医療現場で行うクリニカルアロマセラピーページです。東京・表参道にあるアロマスクールの国際総合学院IMSIはサロン開業、スパやホテルへの就職、転職に役立つ世界最高峰のアロマセラピストの国際資格、英国IFPAアロマセラピーの資格取得が可能。アロマセラピーと東洋医学を同時に学べる日本唯一の資格取得講座をご用意しています。スポーツアロマセラピーや妊産婦へのアロマセラピーなど、アドバンスコースも充実。アロマスクールのIMSIはセラピストを志す方、医療や介護の現場で応用したい方、育児やご家族の健康に活かしたい方の学びをお手伝いします。初心者の方も、看護師、薬剤師など医療従事者の方も、お気軽にお問い合わせください。