• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network

公式講座 BBAビルディング・ブロック・ アクティビティ

~特別な配慮が必要な人のための身体的アプローチ~

BBAとは?

アメリカ在住の教育学修士であるセシリア・ケスター女史により創始された特別支援を必要とする人の身体的基盤をつくる軽運動が「BBA」(Building Block Activity・ビルディング・ブロック・ アクティビティ)です。

BBAは、マッサージやタッピングを用いて、発達を促し、身体の使い方のパターンを体得することを目的としています。本人の希望する強度や時間でシンプルなメニューを行い「感覚刺激→衝動性の抑制→コミュケーション能力の向上」を目指すプログラムです。

発達に凸凹のある子どもたちは、特に協調運動や眼球運動、微細運動に困難が見られることがあります。BBAを行うことで、身体の柔軟性を高め、感覚過敏の緩和を促しながら、学びの過程のなかの困難にアプローチしていきます。

心と身体に優しい運動でもあるこの手法の対象は、子どもだけにとどまりません。「支援が必要な人のためのエクササイズ」ともいわれ、発達障がい(自閉症・注意欠如多動性障がい・学習障がい)、脳性麻痺、視聴覚障がいなどを抱えるかたへの応用的活用も可能です。

加えて、高齢者や四肢に麻痺のあるかたにも、無理なく行える安全なメソッドでもあり、現在では、家庭のみならず、保育園や幼稚園などで活用されたり、福祉施設でも活用されたりとその効果が注目されています。

 
主な講座内容
  • 動きの発達・成長に必要なパターンを学ぶ為の8つのエクササイズ
  • 動きと姿勢と脳の機能との関わり
  • 最新の脳科学と発達障害との関連
  • 子どもの動きと姿勢からの観察の仕方、アプローチの仕方、より効果的なエクササイズの選び方
  • 人間の発達の順序パターン
  • 特別な配慮が必要な子ども達のアプローチ、基本的な働きかけの順番
    (てんかん、難病等重度の障がいなど)

※学んだことをすぐに実践できるアクティビティ構成になっているため、ご家庭、学校現場、カウンセリングセッションなどさまざまな場面で日常的に簡単に取り入れることが可能です。
※自閉症、脳性麻痺、ダウン症、ADD、 ADHD、言語障がい、脳障がい、視覚障がい、難聴、脳卒中などによる後遺症などの身体的、精神的に困難な方を含む、老若男女問わず、全ての方に安心・安全に簡単にアプローチする手助けになります。

お勧めの対象者

全ての保護者、子どもに関わる教育関係者、教師、保育士、作業療法士、理学療法士、カウンセラー、セラピストなど人のケアに関わっている方、セルフケアに活用されたい方

講座日時

2019年 1月13日(日)10:00-19:00
受講料:34,560円(税込)認定証 教材費込み
早割価格:31,600円(税込:2018年11月15日までにお申込の方)
再受講料は25,920円(税込)

参加される方へ「毎日便利に使えるエクササイズチャート」を特別にプレゼント!

※定員制、先着順となります。

持ち物
  • ペットボトルまたは水筒(飲料水は会場にご用意があります)
  • 動きやすい服装 (スカート不可)
  • 筆記用具
  • 室内履き
  • 赤・黄・青の色鉛筆、または裏写りしないマーカー
講師からメッセージBBAの普及団体 一般社団法人 日本ムーブメント・ベース・ラーニング協会理事長 益永正美(ますなが まさみ)さんからのメッセージ

BBAは一つ一つ積み木を重ねていく様に、発達、成長に必要な動きのパターンを作っていく全ての学びの土台となるアメリカで生まれたエクササイズです。

アメリカ人のセシリア・ケスター教育学修士は、長年特別支援に関わり、特別な配慮を必要とする重度の子供達のため、より効果的にそれぞれが持っている可能性を最大限引き出し、少しでもQOLを上げることはできないかと思い探し続ける中、ブレインジムに出会いました。しかし、実際の教育現場で直面したのは、身体を動かせる子には有効なブレインジムエクササイズも、自分で身体を動かす事が困難な子供たち、小さな子どもたちには、効果が出るまでにとても時間がかかるなど多くの課題でした。

ある時セシリアは、1人の女の子が彼女から教えられたブレインジムのエクササイズをとても長い間、誰に言われたわけではなく、自分の可能性を信じてやり続け、自分の名前が書ける様に努力をしていたのを目の当たりにしました。セシリアはその子を見て涙し、もっと楽にできる、もっと効果的な方法があるはずだ、この子がこれだけの努力をしているのだから、その方法を早く見つけるのが自分の役目だ、と心に決めたそうです。

数え切れない実践と経験の中で試行錯誤しながら生まれた、誰にでも安全で簡単に、いつでもできる、より効果的な発達の動きのパターンに沿ってこの手法は生まれました。

老若男女問わず、直接タッチしたり、マッサージ的なリラックスを促すものが主で、やってあげることもでき、自分でやる事もできるエクササイズです。きっとこの講座を受講することで、みなさまのそれぞれの答えが、自分の中にあることに気づき、学びを楽しくする新しい観点、セルフケアの新しい方法、気づきを手に入れることになるでしょう。

成長、発達には順序があります。学びも同じ。より良くなるために必要な所に戻り、いつでもどこからでも学びは始められます。土台を学び直すことで、誰でも自分のペースで、発達、成長していく事ができるのです。

講師プロフィール

益永正美(ますなが まさみ)

一般社団法人日本ムーブメント•ベース•ラーニング協会理事長
MBL社認定BBAインストラクター
Dolphindrop 発達サポートセンター代表
米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
米国教育キネシオロジー協会認定ブレインジムインストラクター
他、資格多数

[ 詳しいプロフィール ]

2010年から福岡県で 公文式教室を開設、述べ数百人の乳幼児から高校生まで幅広い子供たちを直接指導。(配慮の必要なダウン症、自閉症など、発達、学習障がいの子供たちも多く、一緒に指導中)

学びに色んな困難を持っている、楽しめていない子供たちすべてにそれぞれのペースで学びを楽しくできるものはないかと探し始め、教育キネシオロジー・ブレインジムに出会い、米国にて創始者から直接学ぶ。
また、世界各国にて直接肌で体験しながら学ぶことをモットーとし、現在は教育キネシオロジー財団の国際ファカルティで教育に50年関わってきた「動きの探索」創始者のキャロル・アン・エリックソン氏に学び、自らの人生を探求中。

それぞれのQOL を豊かにし、本来持っている自分の中の生きる力を引き出すきっかけ作り、学びを喜びに変化するお手伝いをするために、講座、個人セッションを行っている。公立小学校の教師や生徒にブレインジム、BBAエクササイズを使いながらグループで指導中。

BBAを知る
https://www.mbl-japan.net/

ブレインジムとは?
https://www.imsi.co.jp/course/capacity/what.html

  • セミナー一覧はこちら
 
ページトップ