• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network

セラピストのための臨床栄養学
~表より裏が大事・食品ラベルの見方~

食の中身を見る「賢い目」を育てよう!

臨床管理栄養士の福地かつ美先生による「セラピストのための臨床栄養学シリーズ 」。このセミナーは過去の栄養学セミナーにおいて最も関心が高く、繰り返しリクエストを頂いている「食品の内容成分、表示ラベルの見方」がテーマです。

このセミナーのコンセプトは
「表よりも、裏!」
「キャッチコピーよりも実際の中身!!」

日頃、口にする食品の中身について、どのくらい意識をむけていますか?

食品の情報、説明は食品を作っている会社、販売している会社が制作しています。通常は表側には商品が売れるようなキャッチコピーが、そして、裏には原材料や成分などが表記されています。ほとんどの人が表面の言葉に惹かれ、頭の中で「いいな」と思って購入しています。しかしながら、表と裏の内容が、かけ離れているキャッチコピーが多いのが現状です。

「香料、保存料無添加、化学調味料は不使用!」という文字だけでも、なんとなく安全、健康的に感じたり、「ビタミン高濃度」と書いてあると、なんだかすごーくたくさんの栄養がつまっているように感じるもの。

広告はその道のプロが言葉をつくり、大部分の人がイメージで商品を手にしています。販売数を上げるために「法律さえ守っていれば」「この言葉さえ使わなければ」という考え方も当然ながら多いのです。もちろん、そうでない食品もありますが、これは、世の大部分の人が利用するスーパーに並べられる食品についての一般的な話です。

都合の悪いことは、上手に隠し、隠される習慣もありますし、農薬や保存料を大量に使用するのが通例になっている日本では、消費者が欲しいと思う情報を得るために、消費者自身が確かな目をもつことが求められる仕組みになっているのです。

「正直なところ、一般の方が騙されないようにすることは、難しいと思います。なぜかというと……」これが、セミナーの中の福地先生の言葉。

過去のセミナーでも終了後、
「先生、私はこれを食べているのですが、いいでしょうか?」
「先生、○○という話を聞いたのですが、本当でしょうか?」
と受講生の方から質問が続出。

と、同時に
「もっと教えて下さい!」
「このセミナーして下さい!」
とリクエストを頂きました。世に情報や言葉は多いけれど、多くの方がその情報が、どうなのか気になっているのでしょう。

意図は、賢くパッケージを読みといて、自分に、「今」、「そして、今日」、「そして、将来にわたって」必要なものを選択する賢い目を持つ準備をしていくこと。参加者自身の嗜好や食生活にせまりながら、共に考え、アイデアを提示していきます。

栄養学、初心者の方でも、セラピストでない方でもご興味があれば参加頂けます!

 
受講時間・受講料

全3時間 受講料:8,640円(税込)              CLUB IMSI会員価格   7,776円(税込)

講師紹介:福地 かつ美(ふくち かつみ)

管理栄養士
健康運動指導士
日本抗加齢医学会指導士
サプリメントアドバイザー

 
主な講座内容
  • 新型栄養失調ってなに?
  • 食品のPRでは、どんなことが普通に行われているの?
  • 「安い・便利・安心を求めた結果」何が起きたか?
  • 健康食品の現実!「ティッシュで切れるカツ!」
  • 粗悪なサプリメントの見分け方
  • 健康イメージとかけ離れる、表と裏の関係。
  • 賢い人は、裏の原材料表示を大事にする。
  • あなたの食べているものについて、解説します!

(自身がよく食している食品のパッケージを2、3ご持参頂くと、裏のラベルをみながら、より主体的に学べます!)

メディカル分野における長年の臨床経験、微量ミネラルと有害物質の専門家として圧倒的な信頼をもつ、福地かつ美先生が大切にする指導法は「実践的であること」、そして「ポジティブな変化を及ぼすこと」。
真摯に、そして、ひとりひとりに働きかける個別アドバイスは特に人気があります。

 
ページトップ