嵯峨副学院長のブログ

2012.04.10

毛髪ミネラル検査

タッチフォーワールド(T4W)international week 2012実行委員長の嵯峨です

今日は毛髪ミネラル検査を行う 「ら・べるびい予防医学研究所」を訪問しました。

オーストラリアの自然療法を取材した際に、ドクターや専門家、
ナチュロパスが、クライアントのコンディションを把握する際に
頻繁に使用するテストとして

毛髪ミネラルテストがあります。

毛髪に含まれる有害ミネラル量をみたり、必須ミネラルの量をみながら現在の体内環境をみていくもので、豪州では不妊や女性疾患、子供の発達障がい、アレルギー疾患のとの関係を見る時に使われています。

日本にも検査機関があると聞いて、これは興味深々!!!

オーストラリアの自然療法の専門家がしているならば

日本のセラピストだって、、、勉強してみよう!
と、本日の訪問につながりました。

場所は人形町と東日本橋の中間あたりに研究所があります。

訪問に伴い、検査結果をみながらお話を聞いてみたいと

事前に毛髪を送って、検査して頂きました。

生活と体質が分かっている人で比べると面白いと
夫にも協力してもらって、2人とも調査。

最初に結果の説明を伺います。

どどど。なるほど。

解毒方法、排泄方法、個人よって吸収しにくいもの、排泄しにくいものがあるなど、
ふむふむ、いろいろ面白い話があり、アドバイスを頂きました。
日頃の検査の様子を聞くと
頂いた資料には、このようなデータも。
国内の不妊治療の先生方との共同研究
婦人科系 ↓

サイエンスジャーナル ネイチャーより

↑ 幼児期の亜鉛欠乏と自閉症の関係


日本人はカドミウムや水銀の蓄積量が多いと言われる。


↓ 癌とのミネラルに関する研究

・・・

いろいろとお話を伺いましたよ。
セラピストや自然療法の世界でも、日々の食事のことを考えることは、とても大切。
美容、健康どちらも大変重要なことですので、何かのコラボレーション勉強会ができれば相談してきましたよ!
IMSIやTOUCH FOR WORLD International week 2012の活動にも興味を持って頂きました。
最後の見学は、ラボ。

検査機械です。

↓ 代表の薗部さん(左)と管理栄養士の福地さん

常にレクチャーや指導を行なっている福地さんに伺うと、例え大学で栄養を学んだ人でも、また、ドクターでも微量ミネラルについて、詳しい人は殆どいないのだそう。

大学でも、ほとんど習わない内容とのこと。
この分野は日本では遅れているのだそう。
日本でも大変珍しい活動をされている研究所の方が言う
「私達が、体からみるミネラルについては一番知っていると思いますね」
とはっきり語られるのも、なるほど、と思いました。
詳しい説明、 ありがとうございます。
アドバイスを意識した生活を開始したいと思います。
次回、お目にかかれる日を楽しみにしています。

事務所にもどって、喉の痛みに。

エキナセアとユーカリのエッセンシャルオイル、ビタミンCが入ったトローチとハーブティ。
オーストラリアで買ってきたトローチはお気に入りで、5歳の息子にも使います。

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ