嵯峨副学院長のブログ

2012.09.12

職場の同僚とブレインジムを、仕事テーマに。

ひとつシェア。



先日、職場の仲間にブレインジムを。



この同僚、もう9年も一緒に働いていますが、



私は彼女のずっとファンです。



スペイン語、英語はラクラクと入り通訳、翻訳もさらっと行い、



恐らく予想では、他の語学も入りが早そうな雰囲気。



セラピーで新しい技術を覚える時は、本当に、ものの一瞬。


そして、手が特別に良い。


応用力もある。家庭生活では



子供のためにリュックを作ったりしますが、

感覚で、さらっと、つくってしまいます。



一緒にいて、一種の天才と思います。



しかし、決まったことをキッチリ、時間通りにやっていくのは、

あまり得意なようでないので、他者とのコミュニケーションが基本となる

仕事のシーンではストレスがたまることも。



また、数字と文字は苦手というのは自他共に公認。



さて、ここから一気に話しが飛びます。



これが、彼女の書いたダブル ドゥードル(ブレインジムにアクティビティのひとつ)。







絵、芸術センスに優れた彼女だから、

きっと曼荼羅みたいな絵とかを想像していたのですが、、、



なぬ、、、、これは、、、、むむむ。



ひとつほど花を描いたものの、、、



下の図を描き始めました。

数字、枠、文字、、、、それだけでなくて、方向が!!



枠に文字を全てあてはめる行動に。



ちなみに、彼女は右利きです。



ブレインジムでは、例えば描いたものを評価して、それから、何かを探る心理学みたいな方法はとりません。



ただ、個人から生まれる発想や創造性を、そのまま受けとめるのみ。



しかし、時に、ご本人だけでなくて、サポートするインストラクターも驚くことがあります。



今回は、驚いたのは私だけなのですが(笑)、、、

(ブレインジムインストラクターで興味を持つ人もいるかな?)


やっぱり、こんな言い方は変ですが、彼女は普通の人ではありません。



面白い人大好き!ユニークな人も好き!



人それぞれの個性が輝くような社会が理想だと思います。



さて、私は、同僚がとりあげたテーマが「仕事」

でしたので、私も、となりで一緒にミニワークを。


ゴールは


「ブレインジムの仕事をする時間を増やすこと」



が浮かび、それで、やってみました。



なかなか、良かったです!

翌日、同僚たちに、

「もっとブレインジム活動やったら?」

と声がかかりました。

不思議ですね!!!




IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ