嵯峨副学院長のブログ

2012.09.25

午前中は病院へ、作業療法士さんとの時間

  触れることで世界とつながる 

「TOUCH FOR WORLD International Week」



今日は、以前よりお世話になっている先生にお会いするために、病院へ。

お仕事前によって、朝一番で面会させて頂きました。

先生は脳卒中で入院されています。

いろいろなお話を伺いましたが

通常の医療にプラスして、

ブレインジムやキネシオロジーが、

全身運動のスムーズ性、姿勢の安定性、

不自由になっている指など、細かい動きのコーディネーション力に
大変役立っているという実体験をたくさん伺いました。

このようなワークに長年、精通されている先生ですから、

すぐに、いろいろと試されているのでしょうし、
その変化の感じ方も、抜きに出て鋭敏であること、

お話を伺いながら感じました。

さて、先生から、「作業療法の見学でもしますか?」
とお誘いを受けました。

医療リハビリが行われます。

先生、そして作業療法士さんのお誘いで
機能回復訓練の一部を体験。



ビー玉を手のひらでくるくる回したり、



粘土のような、セラピーパットを使って手を動かします。

数種類試しましたが、問題がないはずの私も
利き手でない左手になると、難しい、、、。

奥が深いエクササイズ。

指導する作業療法士さんも、とても素敵な方でした。

そして、米国にてブレインジムを学んだ作業療法士さんに
多くお会いしてしていますが、今日、その現場仕事をかいまみて、
理解できるような気がしました。

こんなに丁寧に指導してくれるのかというかという
感動もありました。

先生のお元気そうな笑顔がみられて、まずは嬉しかったです。
先生の回復を祈りつつ、

また、体験者ならでは、脳と身体コミュニケーションの関係について
ご指導頂ける日を楽しみにしています。

私は、まだまだ、要修行。

お見舞いのはずが、先生の方からエネルギーをもらってしまいましたよ!




IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ