原始反射とは?

原始反射とは?

原始反射は人が成長していくプロセスの中で現れる反射的な身体の動きで、主に胎児期から新生児期にみられます。
胎児や新生児では、自分の意志によって身体を動かせるほど、大脳が発達していません。
その代り、特に脳幹と呼ばれる原始的な部位で身体を自動的に動かしながら、自然に成長、発達をする力をもっています。原始反射は手や足の動き、首の動き、全身を含む動きなど、いくつかの種類があります。

各反射は、
反射の動きがみられる(出現)→ 頻繁にこの動きがみられる(発達)→ この動きがみられなくなる(統合)
というプロセスを経過していきます。
ひとつの原始反射が、また別の原始反射をサポートするように出現し、統合し、最終的には、反射的な動きの世界から、人間が自分の意志で動けるように脳を徐々に発達させていきます。

  • 恐怖に対する反応、
  • バランス感覚や空間認知能力、
  • 姿勢維持、
  • 身体の各部位を連携して動かすこと、
  • 上半身と下半身の協調や、
  • 左右の協調など、

多くの発達の基礎となるだけでなく、より人間らしい脳の発達として大脳新皮質や辺縁系への発達にも影響しています。

スムーズな発達と原始反射の統合

赤ちゃんの時の運動不足や環境要因など、様々な理由が言われていますが、なんらかの原因によって発達プロセスが不十分のまま身体が成長し、原始反射の統合が行われず、発達のプロセスに「ギャップ」が生じてしまうことがあります。
少しであれば、気づかなかったり、気にならかったりする場合もありますが、発達の土台が「グラグラ」することで、その後の学習や運動能力に困難を感じることがあります。

原始反射が統合されていないときに、みられる例として
「姿勢よく座り続けることができない」、
「過度に怖がりである」、
「勉強と運動が苦手」、
「感情のコントロールが苦手」
などがあります。

心身を含めた行動面で様々な反応が、無意識的にでるため、本人としては、自分でコントロールできないような感覚をもったり、周囲や親、指導者などからは「なんで、こうなの?」と理解されずに、コミュニケーションで問題を抱えたりすることがあります。

個別セッション(親子、大人向け、スポーツ向けなど)を受けたい方
http://www.imsi.co.jp/course/capacity/personal.html

無料体験会の日程はコチラから
http://www.imsi.co.jp/session/

原始反射の種類と詳しい説明

モロー反射 Moro Reflex

赤ちゃん誕生の最初の動きがモロー反射としてよく表現されます。
両手両脚を広げ、息を吸い込むようなポーズをして、その後、身体の中心に向かって両手足を縮めるように動きます。
モロー反射は突然の出来事や大きな音、光、頭部の位置変化などが刺激となって、引き起こされます。ストレスへの防御反応として、副腎疲労の原因になったり、反射を持ち続けていると、以下のようなことが感じられたり、観察されたりします。

  • 大きな音、光などの刺激に過敏に反応する
  • 衝動的な行動をする、もしくは行動できなくなる
  • 落ち着きがない、動き回る、ADHD
  • 新しい環境への適応するのが難しい
  • 過度の不安・心配が強い
  • 集中力の持続が難しい
  • 感情のコントロールが難しい
  • 対人関係でコミュニケーションの問題を抱えやすい
  • 乗り物に酔いやすい
  • 運動をしている時のコーディネーションやバランス感覚が得られにくい
  • 視野の問題、一つに集中した時に、視界の端にある別の物にも気を奪われやすくなり、集中力の維持が難しくなる
  • 免疫能力が下がりやすく疲れやすい
  • 自己評価が低くなりやすい

恐怖麻痺反射 Fear Paralysis Reflex(FPR)

医学用語にはありませんが、海外の発達障がいのためのメソッドを実践している専門家たちが、この考えをもとにしています。
発達でいうと、原始反射の前の段階、ストレスに対応している反射と考えられています。
妊娠期初期に母体がストレスを受けると、胎児にも影響が残り、以下のようなことが感じられたり、観察されたりします。

  • 心配や不安が多く、心的にも肉体的にも疲労しやすい
  • 肌、音、視覚的な変化などへの感覚過敏
  • ストレスに弱い
  • 想定外のことがおきると行動に影響がでやすい
  • 息をとめやすい、緊張で身体が固くなりやすい
  • 過度に失敗を恐れることが多い
  • 自己信頼感、自己肯定感が低い、簡単に「自分はダメ!」と考えがちになる
  • 人や対象物と目をあわせないこと、視線が合わないことが多い

把握反射 Palmer Reflex

赤ちゃんの手のひらを触れると、手を握るように指が曲がります。
この原始反射を持ち続けていると、鉛筆を握ることや文字を書くこと、手を使う細かい動作に苦手意識を持つかもしれません。
この反射が統合されていないと、下記のようなことが感じられたり、観察されたりすることがあります。

  • 工作、絵をかいたり、字をかくのが苦手
  • 微細運動、手先が器用でない
  • 鉛筆の握りが強い、ペンや道具の扱いが不器用である
  • 文字を書くスピードが遅い、ストレスを感じる
  • 手だけを独立させて使うことが難しい
  • 道具をにぎって行うスポーツで肩にストレスがかかる、うまくできない

足底反射 Palmer Reflex

新生児に足の裏に指をおくと、足の指がぎゅっと曲がる反射です。
人間の祖先であるサルを思い出す動きです。また、足の裏の外側を刺激すると足指がクニャっと曲がるバビンスキー反射などがあります。
人間が両足でたち、歩き、足を上手く使う発達の土台となるだけでなく、足を通じた全身のバランスにも影響すると言われています。
この反射が統合されていないと、下記のようなことが感じられたり、観察されたりすることがあります。

  • 偏平足になりやすい
  • 片方の足だけを捻挫したり、くじいたりを繰り返したりする
  • 片足だけ、靴のかかとが減りやすい
  • 靴のかかとの部分が内側だけが減ったり、外側だけが減ったりします
  • 走るのが遅い
  • 縄跳び、ジャンプなどが苦手
  • 片足でバランスをとる時にぐらぐらする
  • 心身ともにグランディングがしにくい

スパイナルガラント反射 Spinal Galant Reflex

赤ちゃんはこの動きを使って産道をスムーズにおりてきます。赤ちゃんの背骨の脇をなでると、刺激があった側の腰が動きます。
ガラント反射を保持していると、下記のようなことが感じられたり、観察されたりします。

  • 脊柱側弯、骨盤の使い方に左右差がある
  • 腰痛になりやすい、緊張がある
  • 椅子に長くすわっていることが苦手でモゾモゾ動いたりする
  • 上半身と下半身の協調が悪い
  • 集中力が続きにくい
  • 「おもらし」をする時期が長かった

緊張性迷路反射 Tonic Labyrinthine Reflex (TLR)

この反射は頭の動きに関連して身体が反応します。前庭系などバランス感覚、空間認知能力に影響しています。
真っ直ぐ立つ、歩くための準備を行います。この反射を持ち続けていると以下のようなことが感じられたり、観察されたりします。

  • 猫背、アタマをまっすぐ立てることができず、カラダの中心軸が安定しない
  • バランス感覚が悪く、乗り物酔いしやすい
  • 階段を降りるのが苦手、一段抜かしが難しい、降りるときのリズムがつかめない
  • 鉄棒の前まわりやマット運動の前転ができない
  • 空間認知、奥行きの感覚、速度感覚が鈍くなる
  • 黒板の字がみえにくい、文字が飛び出してみえることがある
  • ボールを使った運動やスポーツ全般、体育が苦手、全身の協調が低い
  • 物事を順序立てたり、まとめて考えたりすることが苦手である

非対称性緊張性頸反射 Asymmetrical Tonic Neck Reflex(ATNR)

赤ちゃんの頭を左右の一方に向けると、同じ側の腕と足が伸び、反対側の腕と足が曲がる反射です。
この反射は目と手の協調の発達を支え、読書や学習に大きな影響を及ぼす反射のひとつです。
この反射を持ち続けていると、例えば自転車を運転していて、右を向いた瞬間に反対の左腕が曲がることで、バランスに影響し、安定せず、グラグラとします。
また、手だけでなく、下半身も連動して動くため、球技や体操、あらゆる運動やスポーツに深く影響を及ぼします。
また、以下のようなことを感じられたり、観察されたりします。

  • 手と目の協調性が低い
  • 本や教科書を読むとき、文字の列を読み違えたり、同じ列を2回以上読んだりする
  • あらゆる球技を難しいと感じる
  • 運動や体育、スポーツをするのが嫌い、苦手
  • 正中線をこえる動きが困難、歩く時に同じ側の手と足がでてしまう
  • 利き目、利き手が一定しにくい
  • 視野の問題、すぐに目が疲れる

対称性緊張性頸反射 Symmetrical Tonic Neck Reflex(STNR)

STNRは四つんばいの姿勢から頭が動くと腕や下半身が連動して動きます。
座る姿勢、立つ姿勢を作るなど、土台となる反射で、この反射を保持していると、猫背や、正しい姿勢を維持し続けるのが難しく感じるかもしれません。
運動では首、背中そして下半身を連携させて使う動き、発達全般において重要です。
首、背中、腰などの筋力やコアの強さ、動かしやすさにも影響します。
以下のようなことが感じられたり、観察されたりします。

  • 赤ちゃんのとき、はいはいをあまりしなかった
  • 机にむかっているとき、前かがみ姿勢で机にうつぶせたり、頭を支えたりする
  • 黒板をみて、ノートに書き写すのがむずかしい
  • 猫背姿勢、注意力が散漫になりやすい
  • 背筋を伸ばし続けること、背中の筋緊張が弱い
  • 椅子の脚の自分の足をひっかけて座ったりする姿がみられたりします。
 
ページトップ