コース/講座紹介 英国IFPAアロマセラピー

英国の医療現場における「アロマスティック」の活用

申し込み受付中
車椅子の高齢女性と談笑する看護師
申し込み受付中

英国の医療現場における「アロマスティック」の活用

メディカルアロマセラピーに興味のある方必見!イギリスNHS病院がんケアセンターで活躍するアロマセラピストによる医療の中の香りの活用の最新情報

  • オンライン
  • LIVE
  • アーカイブあり
  • 国際コース
  • 海外講師
  • メディカル
  • 専門性アップ
  • 家族のケア
  • 高齢者のために
  • ボランティア
  • CPDカテゴリーA

受講時間

計2.5 時間 (1回)

受講料

9,900円(税込) [9,000円(税抜)、消費税900円]

収益の一部は、ガイズ&セント・トーマスNHS財団ディンブルビーがんケアセンターの補完療法チームに寄付されます。

視聴期限延長をご希望の場合は、再受講料にて承ります。

担当講師

この講座の特徴

  • 統合医療が盛んなイギリスで、補完療法セラピストとして長年の経験を持つ講師から直接学べるセミナー
  • 家族や身近な人に手軽に行うことができるシンプルながら効果的なアロマセラピーを学びます。
  • 医療現場で活動しているセラピストや医療従事者にとっては、すぐに仕事に活用することが可能なケア方法です。
  • 医療現場での活動を目指したいセラピストや、アロマセラピーを取り入れたい医療従事者は、病院の中で行うアロマセラピーについて理解が深まります
  • 患者さんにアロマを提供するだけではなく、医療従事者との連携や「きちんとデータを取って活用する」ことなど、医療の中で活動したいセラピストにとって必須の知識が学べます。
  • がんケアのみならず、統合医療や補完療法、メディカルアロマセラピーに興味のある方に最適なセミナーです。
  • 英国など海外ののアロマセラピー事情に興味がある方にもおすすめです。

講座の概略

「アロマスティック」とは携帯用の香りの吸入器で、周りに香りを拡散させることなく、より「パーソナル」に香りを楽しむためのアイテムです。オフィスや学校、スポーツ施設など、公共の場でも周りを気にすることなく使えるのが利点ですが、この「アロマスティック」は、イギリスの医療現場では、症状の軽減と、入院生活を快適に過ごすための必須アイテムとして重宝されています。

このオンラインセミナーでは、イギリスNHS病院のがんケアセンターに常駐するアロマセラピストが、院内で活用している「アロマスティック」を用いた香りのサービスを紹介します。特に、放射線療法の副作用としての不安、不眠、倦怠感、ドライマウスなど、症状別の具体的な精油選択やブレンディング、その使い方や患者さんからのフィードバックについて、詳しく解説します。

患者さんにアロマを提供するだけではなく、医療従事者との連携や「きちんとデータを取って活用する」ことなど、医療におけるアロマセラピスト活動に必須の知識が身に付き、ヒントやアイディアが得られるでしょう。また、マッサージができない患者さんへのケアや、トリートメント以外でのアロマセラピーのサービス、コンサルティング活動にも役立つ知識が得られます。

スキルアップのために学びたいアロマセラピストの方はもちろんのこと、補完療法の導入に興味にある医療従事者、治療を受けているご家族やご友人にアロマセラピーのサポートをしてあげたい方にも、実践的で役立つ情報が満載のセミナーです。

講座概要

受講時間

計2.5 時間 (1回)

受講料

9,900円(税込) [9,000円(税抜)、消費税900円]

収益の一部は、ガイズ&セント・トーマスNHS財団ディンブルビーがんケアセンターの補完療法チームに寄付されます。

視聴期限延長をご希望の場合は、再受講料にて承ります。

持ち物

筆記用具、事前に送付される講座資料(PDF)

開催場所

オンライン

その他

この講座には通訳が付きます。
アーカイブ視聴が可能です。

講座日程

いつでも視聴できます

時間:16:00-18:30

2024年6月26日(水)までご視聴いただけます。

視聴期限延長をご希望の場合は、再受講料にて承ります。

講座詳細

  • イギリスのNHS病院のがんケアセンターにおけるアロマセラピーや補完療法の価値と役割
  • イギリスのNHS病院のがんケアセンターにおけるセラピストのスタンスと活動内容
  • がんケアセンター、特に放射線療法におけるアロマスティックの活用
  • 誰でも立ち寄れる「アロマスティック・クリニック」開設とその活動内容について
  • 不安、不眠、倦怠感への対処としてのアロマセラピーとブレンディング
  • 治療の副作用による口腔乾燥症(ドライマウス)への対処としてのアロマセラピーとブレンディング
  • 患者さんからのフィードバックの紹介

※この講座には通訳が付きます。

このような方に
おすすめです

  • 医療現場におけるメディカルアロマセラピーの可能性を深く学びたい方
  • 海外の統合医療や補完療法事情、メディカルアロマセラピーに興味がある方
  • これから医療現場での活動を目指したいアロマセラピスト
  • これからアロマセラピーや補完療法を院内に導入することに興味がある医療従事者の方
  • 医療現場で活動しているセラピストや自然療法を取り入れている医療従事者
  • 現在治療を受けているご家族やご友人にアロマセラピーのサポートをしてあげたい方

講師紹介

特別講師

エマ・タイラー

イギリスのがんケアセンターで働くメディカルアロマセラピスト、エマ・タイラー氏
特別講師

エマ・タイラー

イギリス・ロンドン在住のクリニカルアロマセラピスト、補完療法士。約20年に渡り、ホスピス、開業医院、NHS(国民保健サービス)病院などの臨床現場でセラピスト活動を行う。過去10年間は、がんケア専門のセラピストとして、ガイズ&セント・トーマスNHS財団ディンブルビーがんケアセンターにて活動。クリニカルアロマセラピー、マッサージ、リフレクソロジー、リラクセーション、ストレスマネジメントなど、さまざまな手法を用いて、患者さんのストレスや症状、副作用の軽減のサポートを行っている。また、ケント州クイーン・メアリー病院にあるガイズがんセンターの主任セラピストであり、セラピストプログラムのサポート、指導、教育を担当。医療現場における活動の中、常にクリエイティブな発想を持ち続け、院内に「アロマスティック・クリニック」をオープン。

新型コロナウイルスのパンデミックの際には医療スタッフ支援のウェルビーイング・アドバイザーとして活動。ガイズ&セント・トーマスNHS財団では、緩和ケアチームにおける終末期ケア・チャンピオンを受賞。エマとディンブルビーがんケアセンターの補完療法チームは、2022年ガットフォセ財団よりクリニカルアロマセラピーに関する2022年ルネ=モーリス・ガットフォセ国際賞が授与された。

講座日程

いつでも視聴できます

時間:16:00-18:30

2024年6月26日(水)までご視聴いただけます。

視聴期限延長をご希望の場合は、再受講料にて承ります。

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

LINEでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234
ページトップ