2014.11.13
祖母へのセラピー その① 高齢者へのケア

今日は、病院ボランティアの日。

 

自分の心身のコンディションを万全に整えて、向かいます。

 

自分の祖母をセラピーするような、優しい、穏やかな気持ちで、今日も患者さんと向き合ってきたいと思います。

 

 

 

アロマセラピーやリフレクソロジーを学び始めた時、

 

「高齢者は濃度は低めに」

 

「高齢者は圧は優しく」

 

なんて言われているけど、

 

「いったい、低めの濃度って、どれくらいなんだ? 優しい圧って、どれくらいなんだ~??」

 

と、

 

私も頭の中が「???」でいっぱいだったものです。

 

 

 

そんな時に、祖母が格好の「練習台」でした!!

 

OL時代にリフレクソロジーを学び始めた時も、

 

仕事を辞めてアロマセラピーを学んだ時も。

 

いつも、練習相手やケーススタディのモデルに、進んでなってくれました。

 

 

 

80歳くらいまでは、普通にベッドでフルトリートメントをしていましたよ。

 

踏み台が必要でしたが。

 

リフレクソロジートリートメントで、初めて祖母の足裏を触って、ビックリ!

 

まるで、赤ちゃんの掌のように、プカプカ、柔らかで、ピンク色なのです!

 

ディポジットは、ほとんどなし!!

 

これまでの、セラピスト人生で触れたことのあるクライアントの中で、一番健康的な足だったのは、元気だった頃の祖母の足です。

 

今でもその感触、忘れません。写真撮っておけば良かったかなぁ~。

 

「本当に健康な人は、食生活もきちんとしていて、適度に体を動かし、ストレスもない、うちの祖母みたいな人なんだなぁ~! 見習わなくっちゃ!」と実感しました。

 

リフレク基礎_cms

写真は、イメージですが(笑)、こんな感じの足でした。

 

 

 

初めてアロマセラピートリートメントを行う時は、

 

「え? 脱ぐの?」

 

と驚いていましたけど、

 

一度体験してしまえば、後は病みつきに!

 

「気持ちいい! またやって!」と、喜んでくれました。

 

濃度は1%程度に。

 

皮膚がとても弱い祖母だったので、少し心配だったのですが、皮膚トラブルどころか、ますますお肌がツルツル・スベスベに!

 

香りは、ラベンダートゥルー + スィートオレンジ など、シンプルなブレンドが好みでした。

 

70726f647563742f32303134303431375f6531393833652e6a7067003136300000660066

 

自分で足をマッサージしてもらうようにセルフケアのアドバイスをしたところ、

 

後日会ってビックリ!

 

なんと、毎晩100回自分で脚を擦りあげているのだそうな!

 

そんなわけで、冷えもむくみもない、羨ましいような、健康的な足の持ち主。

 

「足がきれいであれば健康的!」と、リフレクソロジーのクラスでいつも生徒さんにお伝えしていますが、

 

まさに理想的な足の持ち主は、うちの祖母だったのです!

 

リンパ【上級】cms

  ↑

もちろん、こちらの写真も、イメージです(笑)。

 

 

 

80歳を超えて、だんだんとベッドに上るのが大変になってから、活躍したのは、座椅子とアイロン台!

 

DSCN2089[1]

 

↑元々うちにあった、普通の座椅子と、普通のアイロン台です(笑)。

 

リクライニングした状態で、座椅子に座ってもらい、足をアイロン台に乗せてもらって、足のマッサージ。

 

足が終わったら、今度はアイロン台に腕に乗せてもらって、腕のマッサージ。

 

背もたれから背中を起こしてもらって、背中のマッサージ。

 

背もたれにもたれてもらって、デコルテ、首、肩、フェイシャルと、

 

座椅子&アイロン台があれば、フルボディできてしまいます!

 

時間にして、45分くらい。

 

 

また、旅行に行った時など、座椅子やアイロン台がないときは、クッションや枕などを適当に使って、セラピーをやっておりました。

 

お布団や、通常の寝具のベッドで行うときは、妊婦さんのようなサイドポジションで、横向きになって頭の下と胸の前にクッションを置くのが基本姿勢。

 

うつ伏せになる息苦しさもなく、背中や腰がタップリできるので、喜んでいました。

 

 

病院ボランティアでも、被災地ボランティアでも、ボランティアでは「臨機応変」が求められますが、

 

祖母へのセラピーの経験によって、「どんな環境でも、工夫すればセラピーができる!」ことを学びましたよ。

 

 

こちらは、岩手県山田町の仮設住宅ボランティアの様子

210_original2385_original2

 

 

つづく

 

 

 

医療におけるセラピーケアに興味がある方は、是非キース・ハント氏に会いにお越しくださいね!

12/7(日)のIFPAジャパンカンファレンスでは、

キース・ハント氏がモットーとしている「TREAT NOT A TREATMENT(治療ではなくご褒美を)」と題して、

難病をお持ちの患者さんとの関わり、病院でのケアの実態をご紹介します!

更に、統合医療の現場で活躍する現役医師・看護師から話が聴ける貴重なチャンスです。

懇親会では、直接お話したり、質問ができますよ!

 

 

 

ブログ一覧へ戻る
 
ページトップ