冨野学院長のブログ

2014.11.14

祖母へのセラピーその② 骨折時のケア

祖母へのセラピーその① 高齢者へのケアのつづきです。

 

元気だった祖母が、

 

ある日、交通事故に遭って、腕と脚を骨折!

 

「骨折には、マッサージは禁忌」

 

と、

 

教科書には書いてありますが・・・。

 

 

 

身内だったら、オイルを持ってすぐに駆けつけます!

 

患部に触れられないのであれば、他の部位にセラピーすれば良いのです!

 

万が一、 全く触れられなかったとしても、精油が働いてくれるのです!

 

 

 

 まずは、

 

ベルガモットのエアフレッシュナーで、病室の空気を明るくし、

 

お喋りして、気を紛らわせて、

 

2[1]

 

顔や、怪我をしてない方の手、足をマッサージ。

 

4[1]

 

 

ギプスが取れてから、役立ったのは、リンパドレナージュ!

 

筋肉や骨を圧迫することなく、優しく皮膚を刺激して、滞った体液を流すのに、最適です!

 

アロエベラジェルに、シダーウッドやトゥルーラベンダーをブレンドしたものを少しつけて行う

 

アロマティックリンパドレナージュも、

 

かなり痛みや腫れの軽減に役立ってくれました。

 

70726f647563742f32303134303431315f6333663061662e6a706700313630000066006670726f647563742f32303134303431375f3565336264362e6a7067003136300000660066

 

 

そして、とっても重宝したのは、リンパブラシ

 

70726f647563742f32303134303431345f3035646332332e6a7067003136300000660066

 

ささっとリンパの流れる方向に向かって撫でるだけで、リンパドレナージュ効果が得られます。

 

強く擦ってしまっても、毛先がふんわりとフィットするので、失敗はナシ!

 

簡単だから、私がやらなくても、母や祖母に渡して、自分たちでもやってもらいました。

 

 

 

その後、祖母は驚異的に回復!

 

「もしかしたら、そのまま歩けなくなるかも・・・?」

 

なんていう心配はどこへやら。

 

理学療法士さんたちも目を見張るようなトレーニングの結果、

 

驚くほどの速さで回復し、普通に歩けるようになりました。

 

 

 

骨折する前までは、全く健康体だった祖母は、

 

怪我後は「腰が痛い」というようになりました。

 

そして、以前は全く見られなかった、冷えやむくみも・・・。

 

 

そこで、役立ったのが、お灸

 

またまた練習台ですが(笑)。

 

サイドポジション(横向き)で寝てもらい、

 

オイルを使わないドライハンドのマッサージ & 腰と足にお灸というコースが、

 

その後のお気に入りコメニューでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お灸の効果はてきめんで、

 

私がいない時も、市販のせんねん灸を母に渡して、自分たちでやってもらいました。

 

セルフケアで行うお灸も、結構効果はあるものです!

 

お灸をした数日間は痛みが少なかったようです。

 

 

困った時には、持っている知識や技術を総動員すれば、何かと役立つのですね!

 

 家族で行う素朴な民間療法だからこそできることって、たくさんあると思うのです。

 

 

 つづく

 

 

医療におけるセラピーケアに興味がある方は、是非キース・ハント氏に会いにお越しくださいね!

12/7(日)のIFPAジャパンカンファレンスでは、

キース・ハント氏がモットーとしている「TREAT NOT A TREATMENT(治療ではなくご褒美を)」と題して、

難病をお持ちの患者さんとの関わり、病院でのケアの実態をご紹介します!

更に、統合医療の現場で活躍する現役医師・看護師から話が聴ける貴重なチャンスです。

懇親会では、直接お話したり、質問ができますよ!

 

 

 

 

 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ