冨野学院長のブログ

2016.07.18

膝の痛みとアロマ&経絡

夫が急に「膝が痛い」と言い出しました。

 

オスグッド病という、若者に起こる膝の成長痛が、

 

大人になっても残っているのです。

 

 

久々に、ウィンターグリーンの精油を使ってみたくなって、

 

アロエベラジェルに、

 

ちょっと濃い目の5%濃度で希釈して塗ってみました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ついでに、自分の首と肩のコリにも塗ってみましたよ。

 

「キク~!!!」という感じの刺激で、奥からの痛みが取れるようです。

 

 

 

でも、そもそもどうして成長痛が残るのでしょう?

 

しかも、膝が痛い時と、痛くない時があるのは、何故でしょう?

 

医師は、「簡単に治るから」と、手術を勧めているようです。

 

 

 

でも、私は、どんな症状でも、

 

身体からのメッセージと思えてなりません。

 

 

 

「経絡」を知ると、身体からの声が聞こえやすくなってきます。

 

 

 

何故なら、経絡は、皮膚表面と内臓をつなぐ道。

 

ある臓器の気の滞りが起こった時、その経絡上に症状が現れるのです。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回のケースは、

 

他の症状から言っても、

 

明らかに肝経の滞り。

 

 

「最近お酒を飲み過ぎたのかな?」

 

「イライラすることが多かったかな?」

 

なんて、

 

身体からのメッセージを、伝えてあげました。

 

 

 

 こんな風に、

 

セラピストは、治療はしませんが、

 

身体からのメッセージを読み取って、

 

クライアントに伝えることが仕事の1つだと思っています。

 

 

東洋医学の知識を使って、クライアントの健康増進のお役に立てるような、

 

そんなセラピストさんを育成していきたいと思っています。

 

 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ