• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2014.12.01

キースハント先生来日セミナーの様子③ 腹部、顔、背中、色々なポジショニング

キース・ハント先生の来日ワークショップ。

 

実習後半は、腹部、顔、背中のワークです。

 

月曜から金曜まで、毎日患者さんをマッサージをするロイヤルフリーホスピタルでは、セラピストはどんな部位でも施術をします。

 

何故なら、触れる部位、患者さんのお好みの部位は、人それぞれだからです。

 

顔のみ、足のみなど、1つの部位しか触れることが出来ない患者さんもいれば、

 

毎日毎日部位を変えて欲しいと依頼する患者さんもいるそうです。

 

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05467

 

 腹部のワークはとても重要。

 

寝たきりで便秘になってしまう患者さんに対して、

ロイヤルフリーでは、すぐにお薬を使うのではなく、お腹のマッサージによって自然なお通じ促進するのだそうです。

 

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05464

 

優しいタッチなのに、触れられるだけでもお腹が動くストロークなどを学びました。

 

 キース先生のような、究極に優しいタッチを目指して・・・。

 ↓

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05539

 

そして、お顔のマッサージも。

 

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05499

 

重篤な疾患の患者さんは身体が管で繋がれていることが多いのですが、お顔は比較的触りやすい所。

 

集中治療室のように心拍、血圧など全てがモニターに映し出されている現場では、マッサージの効果は一目瞭然だそうです。

5分間のミニトリートメントで、上がりすぎた数値がスーッと落ち着くのだそうですよ。

 

また、手術前の患者さんは、マッサージを受けることで麻酔の効きがよくなり、医師がスムーズに手術を行えるという利点もあります。

 

病棟でのマッサージは、

 

「夜中のナースコールが減った」

 

「気難し患者さんが、おとなしくなった!」

 

など、看護師さんにも好評なのだそうです。

 

そうそう、ここでは医師や看護師など、病院のスタッフさんや患者さんのご家族、患者さんを亡くしたご家族も、アロマセラピーマッサージが受けられるそうです。

 

素敵ですね。

 

「ロイヤルフリーホスピタルで働きたい!」と思われる方も、多いことでしょう。

 

 

最後の実習は、

 

うつ伏せ、横向き、仰向けなど、様々なポジションで行うワークを行いました。

 

「乳癌の治療でうつ伏せになれない」

 

「肝臓の生検を受けて仰向けになれない」など、

 

様々な患者さんに臨機応変に対応する必要があります。

 

セラピストは基本的に、患者さんに「こういう姿勢になってください」と指示することはなく、

 

患者さんにとって楽な、あるがままの状態で施術を行いますので、

 

あらゆる角度からのマッサージを心得ていなくてはなりません。

 

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05590

 

 

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05607

 

 

 

終了時間を過ぎても、丁寧に質疑応答に応じてくださるキース先生。

 

1つ1つの質問に対するキース先生の応答も、とっても貴重な時間でした。

 

例えば、凶暴な認知症患者さんへの対応では、抑え込もうとしている訳ではないことを示すために優しく手を取り、軽く手を動かしながらアイコンタクトをして会話をするとか、

 

認知症患者さんには、同じセラピストが常に担当することで、知っている顔が定期的に訪れるように工夫するとか、

 

経費を賄うために、たくさんの企業や個人から寄付を募ったり、チャリティーイベントを運営して資金を集めている、などなど。

 

40年以上ロイヤルフリーホスピタルで働き、20年以上患者さんのマッサージに携わってきたキース先生のご経験を惜しみなくシェアして頂きました。

 

 11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC03607a

 

「いくら時間があっても足りない!」という今回のワークショップ。

 

まだまだキース先生から教えて頂きたいことが沢山ありますね。

 

日本で私達セラピストができることについて、大いに考えさせられました。

 

今回の経験を、日々のセラピスト活動、病院でのボランティア、家族や友人のケア、毎日のセルフケア、勿論IMSIでの生徒さんへのご指導と、全ての活動に活かしていきたいと思います

 

特に、「スマイル」と「アイコンタクト」を是非、家族のケアにも!!

 

 

キース先生、ご参加の皆様、協力して下さいました皆様、ありがとうございました!!

 

11.29繝ェ繧オ繧、繧ケ繧・th_DSC05570

 

また、今回のキース先生来日にあたり、ご協力くださいましたJEAジャパンエコールデアロマセラピーさんIFPA日本支部関係者の皆様にもお礼申し上げます。

 

ありがとうございました!!

 

 イギリスのホリスティック・アロマセラピーを、これからも一緒に発信していきましょう。

 

 

 

いよいよ、今週末、12/7はIFPAカンファレンスです。

 

キース先生が、東京に再登場! 今度はスーツ姿で登場するそうですよ!!

 

キース先生の講演、「TREAT NOT A TREATMENT」、

 

そして日本の統合医療業界で活躍するゲストからのの講演、実践的なワークショップ、

 

国内そして海外の素晴らしいアロマセラピー関連グッズのご紹介や販売など、

 

2年に1度の英国アロマセラピーの祭典です。

 

ご参加の皆様、楽しみになさっていてくださいね!

 

 

IMSI名物の来日ワークショップ、次回は2015年6月13日&14日

南アフリカ・インガ・ドーガン先生による「セラピューティックリフレクソロジー~腸内環境と東洋医学~」 

 これからも日本のセラピストに役立つ来日セミナーを開催していきます!

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.