冨野学院長のブログ

2015.11.08

妊娠中の食生活とライフスタイル

今でこそ、東南アジアをあちこち回れば、

 

何処に行っても現地の方と間違われるくらい、パワフルなバックパッカーですが、

 

小さい頃は、腎臓と呼吸器と皮膚がとても弱く、

 

(東洋医学を学んで、この3つの関連性にやっと気づきました!)

 

社会人になってすぐにアトピー性皮膚炎を発症。

 

それ以来、ずっとアトピーとのお付き合いです。

 

 

でも、アトピーになっていなければ、

 

きっと、今頃、ジャンクフードを食べ、煙草を吸い、

 

お酒を飲み、徹夜で仕事をして、

 

自分の健康に全く構わないような人生だったかもしれません。

 

そして、自然療法とも、出逢っていなかったでしょう。

 

 

アトピーのお陰で、自然療法と出逢い、学びを深め、

 

今のライフスタイルがあるのですから、

 

不思議な巡り合わせですネ。

 

 

・・・という訳で、

 

「アトピーを悪化させないこと」に重点を置いて日々暮らしているだけで、

 

特に、妊活をした訳ではなく、

 

妊娠中に何か気を付けていた訳もありませんでした。

 

 

アトピーの症状は、一進一退が目に見えるわけですから、

 

それがバロメーターになって、良かったのかもしれません。

 

 

 

アトピーを悪化させないためにしてきたことと言えば、

 

皮膚は排泄器ですので、「出来るだけ毒を入れないこと」に尽きます。

 

一つ目は、経費毒。

 

シャンプー、ボディソープ、歯磨き粉などを使わない、

 

私は、日焼け止め、化粧水さえ、塗らなくなってしまいました・・・。

 

(勿論、使っても良いと思うのですよ。

 

でも、 なるべく添加物が少ないものが良いです。

 

因みに、私は、お湯洗顔後、化粧水代わりに芳香蒸留水、保湿クリーム代わりにホホバオイルを使っています。)

 

 

衣類の洗濯は粉せっけんで、

 

お掃除は、出来るだけ重層やクエン酸を使ったナチュラルクリーニングを心がける。

 

 

ケミカルナプキンは使わない(布、またはオーガニックの使い捨てナプキン)。

 

 

勿論、無理やりナチュラルライフにする必要はありません。

 

「心地よい」と思えるものを取り入れたら良いのだと思います。

 

私も、少しずつ取り入れて、現在のスタイルになりました。

 

 

 そして、食べ物。

 

「肉を食べない」「乳製品を摂らない」と言うよりは、

 

「質」が重要だと思います。

 

 

あまりストイックになり過ぎず、

 

味噌や醤油、塩などの調味料とお米と油には、すごくこだわり、

 

野菜は、まあまあ、こだわる(できればオーガニックのもの、なければ近所の販売所や、出来るだけ鮮度の高いスーパーで・・・と言った感じ)。

 

職場の近くにナチュラルハウスさんがあるので、助かりました。

 

行くとつい色々欲しくなり、大きなお腹なのに、リュックいっぱいに買ってしまって、

 

後悔しながら電車に乗ることもしばしば・・・(ネットショップもあるのですがネ・・)。

 

 

自炊する時は、お米と野菜中心なので、

 

外食する時は、

 

思いっきり、好きなものをたくさん食べる!

 

元々大変な食いしん坊なので・・・。

 

(そうそう、私、外食の半分以上がベトナム料理なのです。。。

 

お肉たくさん食べても、それ以上の野菜とハーブが付いてきて、

 

とってもヘルシーですよね!)

 

 

加工食品を買う時は、必ずラベルで添加物チェックをして、

 

添加物が多く含まれているものはなるべく避ける

 

(福地先生から栄養学を学んだお陰で、ラベルが読めるようになりました。

 

普通のスーパーで売っている大手メーカーのお菓子類は、殆ど食べられなくなってしまいました。。。)。

 

 

元々、以上のようなライフスタイルだったため、

 

「妊娠中は、コレがダメ、アレがダメ」といった情報には惑わされず、

 

お酒を止めて、鮪を控えたくらいで、

 

後は全く変わらぬ食生活でした。

 

 

因みに、一応「妊婦が控えるべき食品」などもネット検索などもしてみました所、

 

ゴボウ、ヨモギ茶、麦茶、生のマッシュルーム、生卵、ヒジキなど海藻、チーズなどの他

 

「前日の残り物」なんていう情報もあり(食中毒予防のため)、

 

「へぇ~」という感じでした。

 

生卵、消化にあんまり良くないと思いつつ、卵かけごはんが好物なので、良く食べていたなぁ・・・。

 

ヨモギ茶なんかも、美味しく頂いていましたよ。

 

 「前日の残り物」、いつも食べていました(笑)。

 

 

最後に、感情の毒。

 

これが、上記のような生活習慣のお陰なのか、自然療法のお陰なのか、

 

たぶん両方だと思うのですが、

 

元々 感情の起伏が少なく、

 

イライラしたり、ムカついたり、怒ったりすることがないのですよね

 

(怒れる人が、むしろ羨ましい・・・)。

 

妊娠中や産後は感情の起伏が激しくなると聞いて、少しワクワクしていたのですが、

 

全く変わりませんでした・・・。

 

 

・・・という訳で、

 

「妊娠したから●●しなきゃ!」

 

とか、

 

「妊娠したから●●はダメ!」

 

というようなことが、殆どなかった妊娠期間でしたが、

 

これも、元々はアトピーだったお陰なのですね。

 

 

起こること全てに、感謝しなくてはなりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ