冨野学院長のブログ

2015.11.11

出産・入院のはなし

妊娠中は、セラピーをたくさんして、

 

思い切り仕事もして、

 

たくさん身体を動かして、

 

思い通りに過ごしてきましたが、

 

 

出産・その後は、

 

「え~!? 聞いてないよ???」という、

 

全く想定外のことの連続でした。

 

 

「できるだけ、自然なお産で」

 

「陣痛促進剤はなるべく使わないで」

 

「分娩台に精油とツボ押しグッズを持参して良いですか?」

 

なんて、言っていたのですが、

 

 

夜中に陣痛が来て、明け方、病院に行ったら、

 

医師たちが急にバタバタとし始めて、

 

「赤ちゃんの心臓が弱ってきているので、帝王切開です!」

 

と言われ、

 

「えええー???」ということに。

 

 

アレヨアレヨと言う間に、色々と説明を受け、同意書などを書かされ、

 

慌ただしく、手術室へ・・・。

 

 

抗生物質を点滴されながら、

 

「大事に育ててきた腸内フローラがぁ!」

 

と残念に思いましたが、

 

 

一方、生まれて初めての開腹手術に、なんだか興味津々でもあり、

 

手術室に入ってからも、目は皿、耳はダンボの状態でした(笑)。

 

 

麻酔は、横になって背中を丸め、

 

まず「硬膜外麻酔」で、背骨の間の硬膜外腔にカテーテルを入れて薬剤を注入、

 

これで術後の痛みを取るそうです。

 

次に、「脊髄くも膜下麻酔」で、脊髄液の中に麻酔薬を注入し、

 

下半身に痛みを感じなくさせます。

 

どちらもチクッとはしますが、イメージ程は、痛くありません。

 

 

 「一体、いつ切るのかな? 麻酔は効いているんだろうか・・・?」

 

なんて思っていたら、

 

突然、看護師さんに

 

「はい、赤ちゃん来ますよ」と言われ、

 

視界に赤ちゃん・・・

 

そして、「オギャーッ!!!」

 

 (あら~、いつの間に、切っていたのね!)

 

という訳で、

 

 あっという間に帝王切開手術が終了しました。

 

 

 医学に興味があって、知識では聞いたことがあるものでも、

 

実際体験してみて「へぇ~」の連続でした。

 

 

傷は、恥骨の上あたりに、横にくっきりと。

 

以前は縦に切っていたそうなのですが、

 

最近では、ビキニが着られるようにと、美容の観点から、縦に切るのだとか。

 

 

「別に、ビキニ着ないし。

 

それに横だと、任脈と腎経、胃経の経絡が、ぶっちぎれちゃうよ~。縦でも良かったのに!」

 

というのが本音でした・・・。

 

 

 

産後、ベッドで対面したのもつかの間、

 

我が子は、NICU(新生児集中治療室)へ・・・。

 

 

私は、人生最大のものすごい頭痛に襲われ、その後約7日間苦しむことに・・・。

 

(後に、麻酔の影響による「脳脊髄液減少症」と判明しました)

 

 

激しい頭痛と戦いながらも、3時間おきにNICUに這うようにして行き、授乳をすることになりました。

 

 

 

因みに、

 

分娩台に持っていこうと計画していた精油は、

 

37週に入ってから、自分の感覚をテストしつつ、五行の観点から選びました。

 

気楽さを促す(木):ラベンダー、オレンジ

喜びの感情に(火):ジャスミン、ローズ、パルマローザ

明晰さを与える(土):スペアミント、レモン

変化の波に乗る(金):サイプレス

滋養する(水):シダーウッド

 

 

70726f647563742f32303134303431375f3564626563622e6a7067003136300000660066 70726f647563742f32303134303431375f6531393833652e6a7067003136300000660066

 

ローズやジャスミンは、女性ホルモンに作用するとも言われており、

 

「分娩中に嗅いだら、どのように感じるのかな?」と興味があったのです。

 

 

レモンとスペアミントは、

 

痛みが繰り返し襲ってくる時に、我に返るための香りです。

 

 

 

結局は、分娩台に上ることはありませんでしたが、

 

産後、頭痛で辛い時にはレモンとスペアミントが、

 

短い間に良質の睡眠をとるのにオレンジスイートの香りがとても役立ちました。

 

使ったのは、ティッシュに数滴垂らして、枕元に置いておくというとてもシンプルな方法です。

 

 

 

そして、分娩台に持っていく予定だったディエンチャングッズは、

 

●彗星棒

70726f647563742f32303134303330365f6130326265372e6a7067003136300000660066

彗星棒を使って行うディエンチャンの万能テクニック「6リンパマッサージ」は、

 

全身の気血の流れを促進して、痛みの緩和にも役立ちます。

 

 

●横並び棒(小)

70726f647563742f32303134303331385f6139386330312e6a7067003136300000660066

ディエンチャンの救急救命術「線引き」というテクニックがありますが、

 

この横並び棒を使うと、通常の3倍速で線引きが行えます。

 

身体の状況を今すぐ変化させたい!という時に大変おすすめです。

 

 

●4つの道具が一つになったキーホルダー

70726f647563742f32303134303331335f6633366266632e6a7067003136300000660066

陰陽のツボ押し棒に加えて、陰陽のローラーがセットになっています。

 

ほてりや痒みには陰、冷えや痛みには陽と、使い分けられるのが便利です。

 

 

●コロコロ球の陰陽セット

 

   70726f647563742f32303135303331305f3262666335332e6a7067003136300000660066

どんな痛みが襲ってくるか分からない、未知の出産に備えて、

 

両手の中に入れてコロコロしたり、

 

背中や腰に当ててコロコロしたり。

 

より激しい刺激が必要な時、これで顔をコロコロしても良いかも?と思って準備しましたよ。

 

 

どの道具も、産後の頭痛や傷の痛みの緩和と体力回復に、

 

とーっても役に立ちました!

 

 

残念ながら、分娩台で使うことはありませんでしたが、

 

入院セットとしては、最高のチョイスだったのではと思います。

 

 

ところで、

 

食事は、栄養士さんに

 

「産後すぐに、乳製品、小麦粉はできれば摂りたくない」

 

とお願いしていたので(??という顔をされましたが)、

 

別メニューにして頂きました。

 

 

IMG_2172 (1) IMG_2158 IMG_2144

 

 和食で、なかなか美味しかったです。

 

こうして、イメージしていたのと全く違う出産を何とか終えたのでした。

 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ