• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2015.11.12

娘の入院・手術と退院後のケア

産後、脳脊髄液減少症による頭痛に悩まされながらも、

 

3時間おきに、歩いてNICU(新生児集中治療室)に母乳をあげに行っていましたが、

 

自力で頭痛もやっと回復してきた頃、

 

とうとう、我が子を残して、私一人が退院することに・・・。

 

 

そして、約1か月の間、夜は搾乳、昼間は毎日病院へ通い、

 

面会時間の間(13時~20時)、ずっと病室に滞在するという日々を送っていました。

 

 

生後20日で手術を受けた娘。

 

 

術後は、3㎏足らずの小さい身体に、

 

気管に挿入された呼吸器、尿道カテーテル、腕の動脈と、腕の静脈、足の静脈などあちこちから、

 

管が合計7本!も出ており、

 

傍らには点滴がたくさんあって、まるでクリスマスツリーのよう・・・!!!

 

 

つい20日前には

 

「陣痛促進剤はなるべく使わないで」

 

なんて言っていたのに、

 

一転して、思いっきり西洋医学のお世話になりました・・・。

 

 

医師、看護師、医療スタッフの皆様には、

 

最善を尽くして頂き、

 

また、度々温かいお声掛けも頂き、

 

とても感謝しています。

 

ありがとうございました。

 

 

また、NICUや小児病棟では、

 

チャレンジングな出来事に立ち向かっている、

 

多くのお子さんや親御さんたちとの出逢いもありました。

 

生きるために必死に戦っている姿と、見守る親御さんたち、

 

言葉を多く交わすことはありませんでしたが、

 

部屋の中に、いつも温かな一体感がありました。

 

 

実は、遥か昔に、私も同じ小児病棟に入院していたのですよ。

 

 

今は、すっかり健康に暮らしていることへの感謝の気持ち、

 

親への感謝の気持ち、

 

そして、どんな状態になってたとしても、親が私にしてくれたように、自分も我が子を愛していこう! なんて、

 

色んなことを考えながら、1か月間、過ごしておりました。

 

 

 

お陰様で、予定よりずっと早く、生後34日目で退院。

 

まだまだ、度々の通院もありますが、日々元気に育ってくれている娘の生命力にも感謝!

 

 

産後のケアですが、

 

チャウ先生からのアドバイスにより、

 

毎日、頭、顔、手、足、背中をよくマッサージし、顔のツボ(免疫強化、解毒、健康増強)を押したりしています。

 

また、脳の発育には、

 

全身をよくマッサージした後、額の中央のツボをトントントンと5回タッピングすると良いということでした。

 

IMG_2476

↑ 額の中央をトントントンの図。

 

顔や身体に触られるのは結構好きなようですが、

 

嫌がる時には、陰陽気功の気功術も、役立ちます。

 

 

インガ・ドーガン先生からは、

 

毎日足指や足裏をよく触って、特に肝臓の反射区を刺激するようにと言われましたので、

 

こちらも、おむつ替えの時などに毎日行っていますよ。

 

DSCN3613[1]

 

セラピストには、病気の治療をすることができませんが、

 

それでも「何かできることがある!」と思うだけでも、

 

勇気と希望が与えられますネ。

 

 

 

さて、

 

これまでの生活では、

 

公私ともに、セラピストやセラピーに興味のある方ばかりと接してきたのですが、

 

 

最近では、ママ友さんが私にもでき、セラピスト以外のお付き合いも始まりました。

 

 

で、驚いたのですが、

 

子どものランチに、コンビニ弁当を買ってきたり、

 

柔軟剤の合成香料の香りをプンプンさせている方も・・・。

 

 

まだ新参者なので、あまり口は出していませんが(笑)。

 

世の中には、いろんな選択肢があること、

 

自然療法というものはプロセラピストだけでなく、家庭でもできること、

 

アロマやハーブ、リフレクソロジー、ディエンチャンを使ったベビーケア、ファミリーケアなど、

 

多くの方に知って頂けたらな~・・・と思っています。

 

 

↓ 現在愛用中の、ベビーグッズと自然療法のベビーケアグッズたちです。

 

 IMG_2480

 

元々使っていた精油やハーブ、クレイ、ディエンチャングッズに加え、

 

まだまだベビー用品については詳しくないのでリサーチ中ですが、

 

無漂白、無添加の紙おむつや、

 

ゴートミルクをベースとした粉ミルクなど、

 

「ふむふむ、これは良いな」と思える商品にも出逢うことができましたよ。

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.