• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2016.09.04

ディエンチャンアドバンスDay② 実践編~病気をお持ちの方へのケアと陰陽気功~

     P1020378

 

 

本日は、受講生からの質問に対する応答から始まりました。

骨折、掌蹠膿疱症、癌による腹水、風邪、リンパ脈管筋腫症(LAM)など。

100万人に数名という珍しい病気についての質問も飛び出しました。

「ディエンチャンは、手術をすることはできないが、

西洋医学の治療と並行して行い、回復を早めることはできる。

ディエンチャンの素晴らしいところは、知らない病気にもアプローチが出来る。

病名は、人間が付けたものであって、身体が付けたものではない。

身体は自然に不調を正常に近づけようとするが、ディエンチャンの施術はそのお手伝いをする」

という、タム先生のお言葉に、皆さん施術者として少し自信が付いたのではないでしょうか。

P1020351

 

P1020354

 

そして、タム先生が生み出した、「天羅地網」という総合的な施術フォーミュラを実習しました。

 P1020361

 

P1020363

 

P1020356

一つ一つのツボが、正しく取れているか・・・?

タム先生のチェックが入る中、皆さん相モデルで実習されました。

アドバンスコースは、モデルとして家族や友人を連れて来ても良いのですが、

本日は、受講生さんのお友達もゲストでいらっしゃいましたよ。

そして、お待ちかねの陰陽気功です。

通常の気功と違い、大きく息を吸ったり吐いたりはしません。

そして、陽の力を強め、身体を温め、元気にする気功と、

陰の力を強め、身体を涼しくし、リラックスさせる気功と、2種類の気功を学びました。

仏像のような穏やかな顔になり、数日続けると、体調も改善し、頭が冴えわたるそうです。

経っても座っても、歩いたり車に乗っていても、寝ていてもできる気功法。

 

ディエンチャン創始者チャウ先生は、この気功のおかげで頭が冴えわたり、

ディエンチャンの発明につながったのだそうです。

チャウ先生もタム先生も、いつまでも若々しく元気でいられるのは、

 

定期的なディエンチャンと、この陰陽気功のおかげなのだとか。

P1020398

 

モジュール4のみのご参加の方がいらっしゃったので、

集合写真を撮影しました。

 

引き続きご参加の皆様、あと4日間よろしくお願いします!

 

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.