• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2017.01.12

病院でセラピーボランティア

昨日は、大学病院のボランティアの日でした。

どんなに忙しくても、

というか、

忙しいからこそ、こういう時間を大切にしています。

ボランティアは、私にとって、必要なひと時なのですconfident

clover

病院ボランティアと言っても、色々な形態があると思いますが、

私が行っているボランティアでは、

精油やオイル、クリームなどの持ち込みは厳禁。

素手で行うタッチセラピーのみです。

患者さんの病名は一切知らされませんので、

他愛もないお喋りをしながら、

手、足、顔、首、腰など、お好みの部位に対して、出来る限りのセラピーを行います。

精油が使えない、ドライハンドの状態で重宝するのが、

リンパドレナージュリフレクソロジー、そして着衣のままで行うツボ・経絡の刺激です。

昨晩は、初めてヘッドスパのリクエストが出ましたよ!

「柵のある、病院のベッドでヘッドスパ!?」

と、

毎回、突然のリクエストに試行錯誤しながら対応しています。

どんな技術も、ここでは「リフレ」と呼ばれていて、私はここでは「リフレさん」と呼んで頂いています。

cherry

無菌室に入ったり、

人工呼吸器を装着している方と筆談で話したり、

サロンワークでは出逢うことがない、様々なお客様がいらっしゃいます。

かなり深刻な病状にある方も多くいらっしゃって、

せっかくご予約頂いても、病状が急変して当日キャンセルということも多々あります。

でも、痛みに苦しんでいた方に「楽になった!」と言って頂いたり、

看護師さんから、

「気難しい●●さんが、あんなに嬉しそうな顔するの初めて見ましたよー!」

と教えて頂いたりすると、

本当にうれしくって、力が湧いてきます。

昨日も、「リフレさん、また来てね!」と言って頂きました。

ふふふ。

ボランティア、楽しいです!!来月も楽しみ!

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.