• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2017.01.12

脳に良いアロマセラピー

以前、「たけしの家庭の医学」という番組で、

「認知症の予防につながるアロマセラピー」が紹介されたそうですね。

2/25の放送内容はこちら↓

http://asahi.co.jp/hospital/onair/140225.html

認知症予防には、

夜は、ラベンダー&オレンジ

昼間は、ローズマリー&レモン

だそうです。

あらeye

私がよく使用している組み合わせでした!

お陰で、私はきっと頭が冴えわたっているハズ~happy01

 

どこの精油会社さんも、上記4種類の精油がジャンジャカ売れて、大変だったようです。

テレビのパワーって、すごいですね。

cherry

ガブリエル・モージェイ先生の本にも、

「注意散漫と物忘れに良い精油」が紹介されています。

3051361

2

東洋医学で言うと「心の気を高める」作用のあるローズマリーは、

健脳作用を持つ精油の中でも最も強力な精油の1つだそうです。

集中できない場合、神経衰弱を伴う時はローズマリーがおすすめですが、

勉強のお供にはローレルがおすすめ。

ティートゥリーは、血液循環を促進することで、体力の衰えから来る集中力の低下を防いでくれる精油。

でも、ガブリエル先生によれば、

意識の働きを左右するのは東洋医学の「血」や「心」「血脈」の状態だけでなく、

「脾」や「腎」の調子も関連するそうで、

集中力や記憶力を増強させる精油は、ほかにも種類が豊富にあるのだそうですよ。

例えば、

「脾」の活動を高めて創造性を刺激するのはコリアンダー、

「意」を明晰にして細かな事柄を覚えたいときはレモン、

学習能力向上に最も効果的な精油はペパーミント、などなど!

すごく具体的に書かれていて、参考になりますネ!

(以上、スピリットとアロマテラピー(フレグランスジャーナル社)より引用・参考)

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.