• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

膝が痛い!という方のための自然療法

以前、70代のクライアントさん(Aさん)と、

こんな会話を交わしたことがありました。

 

Aさん「膝が痛くて、病院に、痛み止めの注射を打ちに行っているのよ。

その注射が、骨に注射針を刺すものだから、痛くて痛くて・・・」

私「ええ~?! 骨に刺すんですか!?」

Aさん「そうなのよ~」

私「で、その痛み止め注射を打ちにいったら、膝の痛みは治まるんですか?」

Aさん「いや、それが、あんまりよくならないのよ・・・」

私「で、その注射、いつまで続くんですか?」

Aさん「・・・。」

 

実際は、骨に注射針を刺している訳ではないと思います。

ただ、Aさんにとっては、骨に刺していると思えるほど、苦痛な注射なのですね。

その注射を我慢すれば、膝痛が治まるならまだしも、全然良くならないなんて・・・!

 

やはり、Aさんの膝の痛みの根本の原因は、別の所にあるのかもしれないのです。

 

腎、脾、肝、胃、胆、膀胱と、足を通る6本の経絡すべてが、膝を通っていることを考えると、

膝の痛みも、臓器と無関係ではありません。

臓器は、いきなり病気になる訳ではなく、

不調を起こすと、経絡を通って、身体の表面に色々な形で現れます。

 

ちょっとした痛みや不快感などの症状は、

まさに「臓器からのメッセージ」なのです。

 

経絡は、身体表面と内臓を結ぶ道ですから、

膝に対して施した施術は、結果的には内臓にアプローチすることになるのです。

 

私たちセラピストは、医師のように治療はできませんが、

東洋医学的にアプローチすることで、内臓に働きかけることは可能なのです。

「で、膝痛には、どのツボがお勧めなの!?」という声が聞こえてきそうですが、

一人ひとり、「生きたツボ」を見ていく必要があるので、

「ここですよ~!」と、ブログで簡単にお伝えすることが難しいのです。

 

「生きたツボ」とは、同じ圧をかけても、他の部位よりも敏感に感じるところ。

先述のAさんも、膝回りを見ていくと、肝の経絡上に「生きたツボ」がたくさんありました!

(生活習慣を見ても、膝痛の方は、「肝の方、多いな~!」というのが、個人的な印象です)

 

その後、Aさんには10回ほど施術をさせていただきました。

ずっと膝ばかり施術していたわけではありませんが、ホリスティックなアプローチで、

かなりの改善が見られましたよ。

 

「膝痛には、これが効く!」と決まった手法はお伝えできませんが、

アロマセラピストは、アロマセラピーで、

リフレクソロジストは、リフレクソロジーで、

ディエンチャンセラピストは、ディエンチャンで、

それぞれ、きちんとした結果を出すことができますので、

セラピストの皆さんは、しっかりと極めて学んでいただきたいな~と思います。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.