冨野学院長のブログ

2019.06.03

アレルギーがベトナムで治っちゃった話

「日本人は清潔すぎるからアレルギーが多い」って、聞いたことありますか?

私は、全くその通りだと思います。

 

何故なら、アトピー、喘息と、幼少の頃からひどいアレルギー体質だった私ですが、

ベトナムに行くと、ピタッと症状が治っちゃうからです。

↑はじめてベトナムに行った18歳の時の写真~!

 

ベトナムなど東南アジア諸国に旅行する際、

「生野菜、果物を食べないようにしている」

「屋台では食べない」

という方いますよね。

 

何故でしょうか?

きっと、お腹を壊してしまうのを恐れているからですね。

 

でも、お腹を壊すって、そんなに悪いことでしょうか?

単に、下痢をするだけですよね。

昔は、町中にトイレがなかったのでちょっと大変でしたが、

今の時代は大丈夫。

あ、お食事中の方、ごめんなさい!!

 

下痢って、病気ではありません。

もちろん、コレラやチフスや赤痢になってしまったらエライこっちゃですが、

私は30回くらいベトナムに行っていて、いつも屋台で食べていますが、

今の所、これらの感染症にかかったことはありません。

 

チョットお腹を壊すくらいのことは、

「悪い菌が身体に入った」のではなく、

「自分にとっては新しい、知らない菌が入ってきたので身体がびっくりした」という、

身体の正常な反応なのです。

そして、新しい細菌が加わった腸は、

また一つパワーアップしてくれるのです。

 

ですので、現地でお腹を壊すのを恐れすぎて、

食べたいものを我慢するのは、ちょっとモッタイナイ!

美味しいものを食べないことと、

新しい腸内細菌をゲットするチャンスを逃すこととの、

ダブルでモッタイナイですね!

 

そうそう、

昨年のディエンチャンアドバンスコースで、

タム先生が突然、

「欧州には‟花粉症”なんていう病気があるそうですよ」と言い出し、

一同キョトン。

なんと、

ベトナムには「花粉症」と言う病気はないのだそうで、

アレルギー体質も非常に稀なのだそうです。

「ベトナム人、羨ましい~!」という声が挙がりました。

 

これからベトナムなど東南アジア諸国に行かれる方、

あまり怖がり過ぎずに、現地の食事も愉しんでくださいね。

もちろん、体調にもよりますので、くれぐれも、無理はし過ぎませんように。

 

 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ