冨野学院長のブログ

2014.09.05

ロイヤルフリーホスピタルを訪ねて

地下鉄Northern Lineで、BELSIZE PARK駅ヘ。

DSCN0985[1] DSCN0988[1]

 

 

 

 

 

 

 

閑静なハムステッドの町並み見ながら、5分ほど歩くと・・・、

DSCN0991[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤルフリーホスピタルに到着です!

DSCN1009[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

1828年に医師William Marsdenが一文無しの女性を救えなかった経験から設立した、無料でケアを提供した初めての病院です(現在では、イギリスで医療費は公的資金で賄われているため無料です)。

 

最新医療が受けられる総合病院として名高いこのロイヤルフリーホスピタル。

 

2013年に、更にこの病院の名を世界にとどろかせるニュースが!!!

 

 

 

年間25000人もの人々が無料でアロマセラピーマッサージを受けるこの病院の補完療法チームに、チャールズ皇太子より大英帝国勲章MBEが授与されたのです!!

 

これは、世界中のセラピストに勇気と希望と感動を与える、大事件ですよね!!!

INVESTITURE 020 (1)

 

 

 

 

 

 

 

今回のロンドン訪問の目的は、このロイヤルフリーホスピタル補完療法コーディネーターのキースハント氏を訪ねることでした。

 

初めてお会いしたキースさん。満面の笑みでお迎えしてくださいましたよ!!

DSCN1022[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、キースさんに出会う前から、既に感動していたのです。

 

病院の正面玄関近くには、チャリティー専用のオフィスが。

 

訪問者からチャリティー募金を受け付ける他、様々なチャリティーイベントが企画されています。

 

募金は、患者さんとその家族に快適に過ごして頂くためのサービスに使用されます。

 

アロマセラピーマッサージも、そのチャリティーによって賄われている事業の1つです。

(私も、少しばかりですがドネーションさせて頂きました)。

DSCN1100[1]

DSCN1018[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

病院の中には、「ご自由にどうぞ」というコーヒーやお菓子のサービスが。

 

点滴を受けながら、リラックスしながらお菓子を頬張り、お喋りしている患者さん達も見られましたよ。

DSCN1049[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もがここでは「ハーイ! 元気?」「休暇はどうだった?」「そのシャツ素敵ね~」など、声を掛け合っています。

 

誰が患者さんで、誰がスタッフなのか??良く分からないのですが、皆さんとっても和気藹々としているのです。

 

広い病院の中で、キースさんのお部屋に辿り着けず、ウロウロしていた所、すかさず、通りすがりのスタッフに「どうしたの?どこへ行くの?」と声をかけられ、無事キースさんのお部屋に連れて行って頂きました。

DSCN1072[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ