冨野学院長のブログ

2014.09.14

植物療法カンファレンス・BOTANICA2014 その④ 晩餐会の様子とロンドンの友

BOTANICA2日目の夜は、晩餐会(GALA DINNER)がありました。

 

さすが、ヨーロッパです!

 

皆さん、ドレスアップして、ハリーポッターが出てくるようなダイニングホールに集合しましたよ。

 

DSCN1312

 

 

まずは、ハーブの演奏。

 

そして、コースディナーが始まりました~!

 

 

DSCN1316

 

 

 

メニューは、

 

 

 

前菜:ファラフェル(ヒヨコマメやソラマメをつぶし、ゴマの実で味つけした小さいコロッケ)、バジル、ミント、チャイブのミックスハーブとレッドオニオンのピクルス、ヴェールソース(バジルとパセリのピューレ)

DSCN1313

 

 

 

メイン:ポートベローマッシュルームの詰め物、パセリ、タイム、アスパラガス、オランデーズソース(バター、卵黄、レモン汁、塩コショウ、カイエンペッパーで風味付けしたソース)

DSCN1317

 

 

 

 

 

 

 

デザート:チョコレート&オレンジチーズケーキ、クレーム・アングレーズ(イングランドのクリームという意味で、カスタードソースの一種)

DSCN1343

 

 

 

 

さすが、植物療法のカンファレンスだけあって、ハーブたっぷりのお料理でした!!

 

パンも美味しかったです!

 

食後は、楽しいお喋りと音楽。

 

DSCN1348

 

 

そして、ダンシングタイム!

 

DSCN1344

 

 

手をつないで、輪になって、ステップを踏みながらクルクルと回っていく、アイリッシュダンスです。

 

 

 

ガブリエル先生を激写! と思ったら、動きが速すぎて、ブレてしまいました。

DSCN1350

 

本当に、結構な速さで、クルクル回るんですよ。

 

私も、輪の中に入って、楽しく踊りました。

 

DSCN1349

 

 

 

 

 

 

 

このカンファレンスでは、ロンドン留学中にクラスメイトだったPey(写真中央)と再会できました。

DSCN1356

イギリス在住マレーシア人のPeyは、英語が分からない私達日本人に、いつも親切に勉強を教えてくれた、まさにアロマセラピーの学びの恩人!

 

イギリス在学中は、何度もPeyの家に遊びに行きましたよ。

 

当時、小さいお子さん2人を抱えながらアロマセラピーの勉強していたPey。

 

冷蔵庫には、様々なキャリアオイルやジェル、クリームなどの基材がズラリ!だったのを覚えています。

 

子供が擦りむいた時など、ササッとクリームにラベンダー精油を混ぜて軟膏を作って塗ったりして、とってもナチュラルな子育てをされていました。

 

当時赤ちゃんだったお子さん達の写真を見せてもらったら、すっかりレディーになっていましたよ!

 

「子供2人抱えてのアロマセラピーの勉強は大変だったけど、今は子育ての手も離れ、こうしてセラピストとして人生を謳歌しているのよ~!」と笑うPey。

 

人生のどんなステージにおいても、アロマは役立ってくれるのですね。

 

英国IFPA認定アロマセラピーディプロマコース 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ