• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2020.11.03

ターミナルケア、緩和ケアとクリニカルアロマセラピー

 
 オランダのマデレイン先生による医療現場で行うクリニカルアロマセラピーDAY3。
 
最終日のテーマは、ターミナルケアと緩和ケアです。
 
自宅やホスピスで最期のときを過ごす方がとても多いオランダ。
 
大切な時期に、症状を緩和し、心地よく過ごすために、補完療法が活用されています。
 
補完療法の中でもアロマセラピーは、軽くディフュージョン(拡散)するだけでも雰囲気がガラッと変わるという手軽な所や、医療的な介入を邪魔しないことからも、一番最初に使われることが多いのだそうです。
 
 
薬と精油の相互作用の話がありました。
 
「アロマは雑貨だから、どんな人にも使って良い!」「内服せずに、吸入や塗布であれば、禁忌は無い!」なんてことは、ありませんよね。
 
特に、心身共にデリケートな高齢者や緩和ケア期の方には、薬と精油の相互作用により健康状態が悪化することの絶対に無いように、気をつけていかなくてはなりません。
 
 
終末期ケアに必要不可欠な、感情サポートのお話。
 
痛みや治療のストレス、外見面の変化、社会的役割の変化、経済面や家族の負担など、患者さんには、様々なストレスがあります。

恐怖、不安、無力感、罪悪感、怒り、悲しみ、傷つき易さなど・・・、様々な感情が起こり、その感情同士が、また影響し合って、変化していきます。

悲しいことに、死を早めることを望む方も少なくないそうです。
 
「患者さんが、感情的な健やかを保てるかどうかは、あなた(セラピスト)にかかっている!」とマデレイン先生は言います。
 
医師でもない、家族でもないからこそ、安心して本音を話すことができるということもあるのです。
 
 
精油選択の際、「どんな香りが好き?」と訊くのも良いですが、好きな場所や思い出の場所を尋ねるのも良いでしょう。
 
マデレイン先生は、シナモン・ブルマニ(インドネシアシナモン)やジャーマンカモミールのCO²がお気に入りだそうですが、日本人ならユズやヒノキ、温州みかんの精油も良いとのことです。
 
 
マデレイン先生による緩和ケアにおけるサポートの症例報告が、写真付きでたくさん紹介されました。
 
ひどい口唇ヘルペスに罹ったことで、外見を気にして誰にも会いたくなかったホスピスの患者さんが、マデレイン先生の特性口腔ケアジェルを塗って数日(!)後に見違えるほどキレイになり、感情面の健やかさを取り戻したお話。
 
旦那さんとお子様達を残して旅立とうとしている若い女性が、いよいよ最期の数時間となった時に感情面でパニックになったが、アロマパッチ(精油を含ませたシール)を胸元に貼って数分で落ち着きを取り戻し、穏やかに家族との時間を過ごしたというお話。
 
褥瘡や、皮膚の湿潤によるひどいかぶれ、創傷なども、QOLを低下させる大きな要因。
「酷い創傷が、アロマの塗布で5日で塞がった!」というすごいビフォーアフター写真も紹介されました。
 
ある神経質な患者さんが、ホスピスで呼吸困難を起こした際、マデレイン先生は直感に従って精油をブレンドして、通常は郵送するところを、120キロ離れた場所まで車を運転して直接届け、患者さんととても良い時間を過ごしたそうです。
 
医療というフィールドで患者さんのケアをするには、科学やエビデンスに基づくのはもちろんのことですが、ときには直観に従うことも大切。
 
 
その他、吐き気、痛み、便秘、口腔の問題など・・・、人生で最も大切なひとときを、快適に過ごすためのアロマケアを、惜しみなくお伝えくださいました。
 
必ずしも、ケアに精油やCO²を使わなくてはならない、ということはありません。
 
皮膚ケアには植物油だけでも十分な効果がありますし、口腔ケアには、濃い目に入れたハーブティーを使うのも良いそうです。
 
マッサージを好まない場合は、足浴もよく使う方法の1つ。
 
ただ足をお湯に入れるのではなく、不安がお湯に流れていくようにイメージするなど、イメージ療法と併用することもできます。
 
 
 
↑ こちらは、便秘に良いと言われる腹部のケアの動画。
 
 
「ターミナル期のアロマセラピーでは、とにかくクリエイティブであれ!」とマデレイン先生は言います。これはスゴイ名言!
 
そして、「最後の数時間に、アロマを使うことを惜しまないで!」とのことです。
 
もちろん、刺激の与えすぎは良くないですが、最期の数時間をアロマの香りとともに快適に、穏やかに過ごした数々の症例を聞くと、ほのかなアロマの香りに秘められた、ものすごく強いエネルギーを感じずにはいられません。
 
 
セミナーの最後は、マデレイン先生が実際に行った、ご家族へのターミナルケアが写真付きで紹介され、ホロリとしました。
 
「家族や、自分自身の最期のときは、どのように過ごしたらよいだろう・・・」そんなことも考えさせられました。
 
 
 
アロマセラピーに出来ること、アロマセラピーにしか出来ないことが、まだまだ沢山ありますね!
 
わたし自身、20年以上アロマの世界に身を置いていますが、世界を見渡せば、まだまだ日本では知られていないことが、沢山あるのですね!
 
今回のセミナーでは、私自身も目から鱗の連続でした。
 
 
 
ご受講の皆様、ありがとうございました!
 
長時間にわたるオンライン受講、大変お疲れ様でした!
 
 
マデレイン先生の大切な教えである、科学的エビデンスも、ホリスティックなセラピストマインドも、どっちも大事にしながら、少しずつ前進していきましょう!
 
 
通訳のシェーンさん、関係者の皆さんも、本当にありがとうございました!
 
 
 
 
自然療法の国際総合学院IMSIにご興味がある、もっと知りたいという方は、是非資料請求をしてみてください。
 
オープンキャンパスのご予約(来校・オンライン)も随時承っています。お問い合わせください。
 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.