• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2020.11.22

ディエンチャンアドバンスDay1 白内障、緑内障、飛蚊症、近視、老眼、認知症、パーキンソン、うつ、ナルコレプシー、乳癌術後のケアなど

IMSIの一大イベント・ディエンチャンアドバンスコースが始まりました。

何もかもがスペシャルな2020年。

「このような時こそ心身の健康に役立つことを専門的に学ぼう!」と、沖縄から北海道まで全国各地から、志の高い受講生さん達が集まってくださいました!

今年はタム先生夫妻の来日は叶いませんでしたが、オンラインでベトナムと繋いでタム先生の貴重な臨床例を伺いながら、IMSIで理論と実技の実習を行うという方法で、例年と変わらない(というか毎年アップデートされている)内容をお届けしています。

まずは、基礎コースの復習から。

ディエンチャンの原則のアップデート。

これは、鍵職人の道具のようで、色々な道具(ディエンチャンの原則)を組み合わせながら、どんな鍵(人の体質や病気)にもピタッとはまる方法を探していきます。

 

身体や病気の陰陽の判別とディエンチャンへの応用。

問診で質問をするだけではなく、ディエンチャンの道具やツボ押しで、その人の体質が陰か陽か、容易に判別が可能です。

 

ディエンチャンの伝説の手技6リンパのアップデート、8リンパは、タム先生の病気の人の顔の観察から生み出されました。

日々の健康促進や、自然治癒力のサポートだけではなく、病気の早期発見や未病のうちに治すことにもつながります。

 

実技は、さすがに皆さんお上手!

 

オンライン上にタム先生が登場すると、拍手が起こりました!

 

長年に渡る臨床経験から編み出された、白内障、緑内障、飛蚊症、近視、老眼など、目のトラブル全般に効果的な目の総合フォーミュラ。

眼瞼下垂におすすめのケアは、顔だけではなく、手、背中、足の反射区を使います。

アルツハイマー病、認知症、パーキンソン、統合失調症、片頭痛、脳の虚血、めまい、メニエール、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、不眠、ストレス性疾患、うつ、風邪、ナルコレプシーなどにも症例にある、頭部の総合フォーミュラ「天羅地網」。

乳がんで脇のリンパ切除後のむくみ、痛み、痺れのケア。患部に直接ボディ用ローラーなども使います。

 

犬の漏斗胸について学びました。

最後の犬の漏斗胸は、タム先生自身は「経験ない」と言いつつも、その場で調べたり色々考えながら、真摯に答えてくださいました。

 
沢山のフォーミュラが全て頭に入っているタム先生の頭の中は、一体どうなっているのでしょう!??
 
タム先生らしく、笑顔を絶やさず、サービス精神タップリでお伝えくださいました。
 
 
↑ これは、道具が無い時に手で行う目のケア。
鍼灸がベースになっているディエンチャンは道具を使うのが特徴ですが、「道具がないからできない!」と言う訳ではないのです。手も1つの道具。
 
ディエンチャンの知識と技術をアップデートしながらも、セラピストとして大切な基本も学んでいます。
 
ご参加の皆様、6日間宜しくお願いします!
 

自然療法の国際総合学院IMSIにご興味がある、もっと知りたいという方は、是非資料請求をしてみてください。
 
オープンキャンパスのご予約(来校・オンライン)も随時承っています。お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.