• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2020.11.22

ディエンチャンアドバンスDay2 脳神経、顔面麻痺(リフトアップ)、内分泌、糖尿病、妊産婦、子宮筋腫などのケア

顔は脳の反射区。

「顔を日々刺激しているディエンチャンセラピストは、生涯に渡って認知症にはならないだろう」と創始者のチャウ先生が言っていました。

嬉しいですね!

記憶力アップや認知症予防、不眠解消や眠気覚ましなど、ディエンチャンには脳に関するツボが多数あります。

 

さて、本日は脳の反射区の中でも、特に12対の脳神経に対応する顔のツボを学びました。

嗅覚、視覚、聴覚・平衡感覚、嚥下、発声、顔面の感覚、表情筋つくる、唾液分泌、味覚など・・・。

それぞれの神経の働きを学びながら、対応するツボの位置を正しく捉えていきます。

 

 

脳神経の問題の中でも、特に多いのが顔面神経麻痺。

ベトナムでも、豊かになった現在では「冷房や扇風機に当たり過ぎ」という理由や、ストレスなどの精神的な理由によって、顔面神経麻痺の患者さんが増えているそうです。

故に、ディエンチャンの症例も豊富にあります。

 

ディエンチャンによる顔面神経麻痺の手当ての実習を行いました。

ハンマーでツボをしっかりと叩いた後、棒でグイグイとリフトアップ、最後にシールを貼っていきます。

なんと、顔面神経麻痺ではない方に行うと、リフトアップ効果もあるそうですよ♥

↑ リフトアップ中の美女たち。

 

内分泌系とディエンチャンのツボについて。

内分泌系全体を活性化するフォーミュラもありますが、視床下部、下垂体、松果体、甲状腺、副甲状腺、胸腺、膵臓、副腎、卵巣、精巣など、個々の内分泌腺に対するツボも学びました。

「ツボ押し」は、極めて安全性の高いテクニックであり、病気の方にも殆ど禁忌は無く、病院での治療と並行して使えますし、また未病の段階では、未病のうちに改善する働きもあります。

ただ「元気になりたい」「健康になりたい」「若返りたい」という方にもおすすめのケアです。

  

 

ディエンチャンの妊産婦ケア。

妊娠初期には注意点がありますが、妊婦さんのマイナートラブルには、これほど安全で効果的なケアはありません。

産後の体調の回復にも大変おすすめです。

ベトナムでは、産後、身体が重くて仕方がなく‟除霊”に行っても良くならなかった方が、ディエンチャンのケアを受けてアッという間に体調回復したなんていう話もありました。

もちろん、ツボ押しだけではなく、陰陽バランスの取れた食生活も大変重要です。

特に、妊娠中の柑橘類の食べ過ぎには、注意!

 

 

子宮筋腫や卵巣嚢腫など、身体の内部に「コブ」のある方には、「霧だれ棒」という道具を使います。

とても小さな道具ですが、使い方は通常のツボ探し棒と同じ。

「生きたツボ」を探していきます。

道具が小さいほど、ピンポイントで身体の深部に働きかけるのです。

 

昨日、タム先生のオンラインQ&Aで学んだ、目の総合フォーミュラの実習を行いました。

白内障、緑内障、黄斑変性症、老眼、近視、遠視、眼精疲労など、目の問題全般に対して使えるフォーミュラです。

特に目の病気がない方でも、目を酷使している現代人にとっては必要なケア。

ツボ探し棒、ハンマー、ローラー、コームなど、ディエンチャンの道具を駆使して行いますが、慣れればアッと言う間にできてしまいます。

 

皆さん、僅か10分程度の施術で、目がパッチリ!

「遠くまで見える!」「目が楽!」という声も挙がりました。

反射区に加えて、ツボを正しく捉えることで、益々ディエンチャンの効果が高まります。

これでモジュール4が終了しました。

明日からいよいよモジュール5が始まります。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

自然療法の国際総合学院IMSIにご興味がある、もっと知りたいという方は、是非資料請求をしてみてください。
 
オープンキャンパスのご予約(来校・オンライン)も随時承っています。お問い合わせください。

 

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.