冨野学院長のブログ

2021.11.23

ディエンチャンアドバンスDay4 高血圧、認知症、知的障がい、精神疾患、自閉症、ADHD、集中力低下、ベトナム医道の食養生と陰陽気功

受講生さんからリクエストがあり、「ベトナム医道の食養生」について、お話ししました。

体質や病気には、陰と陽の側面がありますが、食べ物にも陰と陽があります。

例えば・・・、

野菜の中では、トマト、キュウリ、レタス、ジャガイモは陰。人参、大根、春菊、カボチャは陽。

果物では、オレンジ、パパイヤ、梨、リンゴは陰。ドリアン、パイナップル、バナナ、柿は陽。

お肉は、野菜と比べると相対的に陽ですが、中でも、豚肉や鴨肉、水牛の肉は陰。羊、牛、馬肉は陽。

アヒルの卵は陰で、鶏卵は陽。

魚介類は、ナマズ、ドジョウ、貝類は陰で、エビ、鮭、マグロは陽。

お酢やシーズニングソースは陰で、ヌックマム(魚醬)、砂糖、蜂蜜は陽。

調理法としては、蒸す、茹でる、漬物にするは陰で、煮込む、炒める、揚げるは陽。

ベトナム医道の食養生は理論は深いのですが、実際には「あれはダメ!」「これはダメ!」とは言いません。

美味しく、楽しく、バランスよく!が基本です。

お客様より、手作りの低糖質パンの差し入れをいただきました!

とーっても美味しかったです!! 

益々元気になりました。ありがとうございます。

ベトナム医道の「陰陽気功」の練習もしました。

ベトナム戦争最中の1960年代、ベトナム医道創始者のチャウ先生が、暑さや寒さに耐えながら30キロの道のりを自転車で通勤していた時、身体の陰陽を自分でコントロールするために考え出したユニークな気功法。

自転車を漕ぎながらでもできる簡単な気功なのですが、頭がどんどんクリエイティブになり、ポジティブマインドになり、後にディエンチャンの開発につながったのだそうです。

クラスには、「涼しくなった!」「温かくなった!」とすぐに効果を感じることができる方もいました。

高血圧のセルフケアは、指で顔を擦って気を下げるのがおすすめです。

高血圧ではない方が行えば、素晴らしいリラクセーション効果で、つい眠くなってしまいます。

犬や猫、赤ちゃんなどの興奮を鎮めるのにも、良いそうです。

認知症、知的障がい、精神疾患は、いずれも頭部に働きかけるため、同じフォーミュラが使えます。

額をトントントンと指で叩いたり、頭部にローラーを転がしたりするだけでも良いのです。

ディエンチャンには、複雑なフォーミュラもありますが、「高齢のお婆ちゃんでも1人でできる!」というシンプルなケアも多くあります。

自閉症、ADHD、集中力低下などにも使うフォーミュラも学びました。

もし、相手が触られるのが苦手で、施術ができない場合は、眠った後にこっそり行ったり、遠隔でも良いのです。

「●●だから、できない!」ということがないのも、ディエンチャンの精神。

 

本日は、受講生さんのお友達が、モデルさんとして登場。

皆さんで力を合わせて、セラピーを行いました。

顔へのツボ探し棒とハンマーでの刺激を行った後、丁寧にシールを貼りながら、首、肩、背中、腕もほぐします。

お顔色も良く、ツヤツヤ!

そして、この満面の笑顔が、皆さんの施術の効果を物語っています!

     

深く、濃い学びが盛りだくさんの日々。
 
皆さんの技術も、メキメキと上昇中です!
 

ディエンチャン基礎コース2022年2月開講

オープンキャンパス(無料体験会)はこちらから

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ