• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2021.12.28

アロマセラピーを感染症対策に役立てる

いよいよ、2021年も終わりに近づいてきましてね。

IMSIは、本日大掃除をしました。

教室がピッカピカになり、心もリフレッシュしましたよ。

 

さて、まだまだ気になる感染症のニュース・・・。

色々な情報も出回っていますが、普段の生活の中にも、免疫を高める秘訣がたくさんありますよ。

笑う、歌う、食べる、寝る、呼吸する、動く、お風呂に入る、姿勢を正す、マッサージを受ける(する)など・・・。

時にはテレビを消して、ネット情報も遮断して、基本に立ち返ってみても良いでしょう。

アロマセラピーの精油も、大いに呼吸器系、免疫系のサポートとして役立ってくれます。

例えば・・・、

・ティートゥリーは、抗感染作用は勿論、免疫系を刺激する代表的な精油だと言われています。

東洋医学的には、肺の気を高め、不要な物を手放し、新しい物を取り入れることを助けます。

・ユーカリには去痰作用があり、呼吸器系の活性化に繋がります。

東洋医学的には「衛気(えき)」を強め、感染症予防や再発防止に役立ちます。

・フランキンセンスは、ストレスで悪化する咳などの呼吸器系の症状におすすめです。

東洋医学的には、気の流れを良くして鎮静させることから、様々な痛みケアにも使われます。

・ベルガモットは鬱々とした気分を晴らし、高揚させてくれることで免疫を高めると言われています。

東洋医学的には、肝の気を調和させ、コリや痛みから解放してくれて、呼吸を楽にしてくれます。

・クラリセージは、婦人科系のケアとして良く知られていますが、英国では呼吸器系ケアの代表的な精油の1つ。

東洋医学的には、肺の気を強化し循環させ、慢性疲労や浅い呼吸、咳や喘息症状にも適しています。


私も家族も、普段からあまり風邪を引くことがなく、新型コロナウイルス感染症に対してもあまり恐怖心を抱かずに過ごすことができています。

アロマをはじめとする自然療法で、心身のケアができているお陰だと思っています。

2022年1月、IMSIでは感染症とアロマセラピーについて学べる2つのオンラインセミナーを開催します。

◆ アロマセラピストが知っておきたい精油の抗感染作用

2022年1月17日(月)セミナー14:00~15:00 質問・交流タイム15:00~15:20

日本を代表する精油研究者、㈱令和メディカルリサーチ医学研究所所長の神保太樹先生から直接学べる貴重な機会。

抗生物質の発展により、多くの疾病が制御されるようになった現在において、薬剤に耐性を持つ菌も増加しています。

加えて、未知のウイルスなどに対しては、対象となる範囲が合致しないこともあります。

精油の持つ抗感染作用は、多くの機関で研究され、様々な感染症の予防や改善に役立ち、また抗生物質の耐性菌に有効かもしれないという報告があり、注目されています。

このセミナーでは、アロマセラピストが知っているようで知らない精油の抗感染作用について、精油の研究者の第一人者から直接学びます。

詳細はこちらから

◆ 免疫・呼吸器とアロマセラピー

2022年1月21日(金)17:00~19:00

英国人IFPAアロマセラピスト、カリーナ先生によるオンラインのワークショップ。

健やかに、快適に暮らすために、自然界の中で逞しく生きる植物の力を借りたい方にお勧めです。

免疫系、呼吸器系に役立つアロマセラピーの活用法を、アロマ初心者の方にも分かりやすく、通訳付きでお伝えします。

カリーナ先生おすすめのアロマブレンディングと、風邪予防に役立つヨガや呼吸のエクササイズ、経絡やツボを使ったセルフマッサージなども学べる盛りだくさんのワークショップ。

家庭でアロマセラピーを愉しみたい方にもおすすめです。

詳細はこちらから

※どちらのオンラインセミナーも、アーカイブ(録画)視聴が可能です。

自然療法の国際総合学院IMSIにご興味がある、もっと知りたいという方は、是非資料請求をしてみてください。オープンキャンパスのご予約(来校・オンライン)も随時承っています。

夢を叶えるスペシャル福袋、受付中です!

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.