冨野学院長のブログ

2015.11.16

心にドンピシャリ!と効かせるアロマセラピー

アロマセラピーの精油選び。

 

化学組成や薬理作用はとても重要ですが、

 

それだけをベースに精油を選んでいると、時に、限界がありますよネ。

 

 

特に、精神面に働きかけたいとき。

 

例えば「エステル類を多く含む精油は、鎮静作用がある」

 

といっても、

 

イライラした時にクラリセージを嗅いで

 

「うーん、違うなぁ~・・・」

 

ということ、ありませんか?

 

 

または、

 

気分の落ち込みが見られるクライアントに対して、

 

「抗うつ作用のある精油!」と思っても、

 

「ローズとネロリ、どっちが良いのかしら・・・?」

 

なんて、迷うことありませんか?

 

 

化学成分や薬理作用だけで、ドンピシャリの精油が選べるほど、

 

人の心は、単純なものではないのですね。

 

 

実は、東洋医学を学ぶと、

 

身体だけでなく、心についても、より理解が深まります。

 

 

身体と心の関連性は、西洋医学では最近重要視され始めたように思いますが、

 

東洋では、「身体と心がひとつである」ことは、遥か昔から、当たり前だったのですから。

 

 

私の恩師ガブリエル・モージェイ先生の「スピリットとアロマテラピー」という著書、

 

51WN38GX91L__SL500_AA300_

 

このタイトルの「スピリット」とは、

 

西洋的な「スピリチュアル」的な意味ではなく、

 

東洋医学の5つの臓腑に宿る、5つのスピリット(=五神 ~魂・神・意・魄(はく)・志)という意味で、

 

 

「スピリットとアロマセラピー」とは、

 

正に、「マインド・感情・精神に深く働きかける東洋医学的アロマセラピー」という意味なのです。

 

 th_DSC04059

 

人と植物を東洋医学的に捉えることで、精油選びに迷いがなくなるのですよ!

 

 

 2016年2月のガブリエル・モージェイ先生来日のテーマは、

 

正に「スピリットの調和とアロマセラピー」!

 

 th_DSC04063

 

クライアントの「身体」だけでなく、「心」を東洋医学的に、ホリスティックに捉え、

 

”ドンピシャリ!”の精油選びを可能にする、

 

正に、アロマセラピーの神髄が学べます。

 

 

しかも、心に効く経絡・ツボを使った実技指導付き!

 

ガブリエル・モージェイからの実技指導は、イギリス本国でもなかなか受けられない、大変貴重な機会です。

 

 

ガブリエル先生のアプローチについては、またこちらのブログでご紹介しますね。

 

ガブリエル・モージェイ来日セミナー

スピリットの調和とアロマセラピー

日程:2016年2月12日(金)、2月13日(土)、2月14日(日)
時間:初日 10:00-17:30、2・3日目 9:30-17:00(全22.5時間、途中休憩をはさみます)
場所:フォーラムエイト(東京・渋谷)

詳細はこちらをご覧ください。

 

th_DSC03664

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ