冨野学院長のブログ

2016.02.13

ガブリエル・モージェイ先生来日セミナー スピリットの調和とアロマセラピー Day2 水、木、土の要素

ガブリエル・モージェイ先生のセミナー2日目。

 

皆さん、昨日のフローラルな香りでの施術の後は、よく眠れたのでしょうか。

 

スッキリした笑顔で登場されました。

 

 

本日も、熱くて深~いアロマセラピーの1日です。

 

DSCN4053[1]

 

病名や、表面に現れている症状にとらわれない東洋医学では、

 

身体の状態をじっくり観察することが重要です。

 

気血が足りない状態、

 

滞っている状態、

 

過剰な状態など。

 

 

そして、

 

足りない状態には、強壮作用があるもの、

 

滞っているものには調整作用があるもの、

 

過剰な状態には鎮静・発散作用があるもの、というように

 

精油を、薬理作用から当てはめていきます。

 

 

法則さえ分かれば、

 

東洋医学的に精油を見ることは、とてもシンプルなのです。

 

 

 

西洋の薬理作用では、「抗うつ作用」など一言で片づけてしまうようなものでも、

 

鎮静するタイプの抗うつ

 

調整するタイプの抗うつ

 

刺激するタイプの抗うつ

 

官能を与えるタイプの抗うつ

 

という4つの分類があることを学びました。

 

 

東洋医学的に精油を見ていくことは、

 

診断にとらわれず、

 

本質を見て、

 

深い所にアプローチすることがにつながります。

 

 

今日は、水、木、土の要素と精油、そして精油と相性の良い主要なツボをカバーし、

 

足の腎経、肝経、脾経、胃経に働きかける施術を行いました。

 

DSCN4016[1]

 

DSCN4024[1]

 

DSCN4065[1]

 

イギリスでも、なかなか見ることができないガブリエル先生のデモンストレーションです。

 

 

そして、チームを組んで練習。

 

DSCN4042[1]

 

 

ガブリエル先生、気さくに、丁寧に、実技指導してくれます。

 

DSCN4033[1]

 

 

今日は、お昼休みに集合写真を撮りましたよ!

 

DSCN4044[1]

 

授業が終わっても、サインと質問に快く応じてくれるガブリエル先生。

 

いつも長蛇の列です。

 

DSCN4070[1]

 

 

IMSIのIFPAディプロマコースの受講生さん、卒業生さん、「スピリットとアロマテラピー」の学びが、更に深まったのではないでしょうか。

 

DSCN4083[1]

 

DSCN4078[1]

 

残すところ、あとと1日ですね。

 

ご参加の皆さん、明日も元気でお会いしましょう!

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ