冨野学院長のブログ

2016.02.15

ガブリエル・モージェイ先生来日セミナー スピリットの調和とアロマセラピーDay③金の要素

 1日送れてしまいましたが、

 

ガブリエル・モージェイ先生来日セミナー最終日の様子の報告です。

 

DSCN4186[1]

 

テーマは、金の要素。

 

 

腎、脾とともに、気の生成に大変重要な臓器である肺について学びました。

 

DSCN4108[1]

 

肺が宿している神(スピリット)は、「魄(はく)」。

 

スピリットの中でも、肉体、活力、五感と最も関連が深いのが、「魄」。

 

香りを嗅ぎながら身体に触れるというアロマセラピートリートメントは、

 

まさに、「魄のジム」に通うようなものだとガブリエル先生は仰っていました。

 

 

カンファ―調やコニファー調など、肺気を強化し、魄に働きかける香りを楽しみながら、

 

肺経や大腸経のツボを学んでいきましたよ。

 

 

最終日は、全員でランチ会。

 

DSCN4111[1] DSCN4110[1]

 

 

今回のセミナー参加者は、

 

アロマセラピスト、リフレクソロジスト、ロミロミセラピスト、整体師など、セラピストの方や、

 

看護師、薬剤師、介護士などの方、

 

会社員や学生など。

 

 

すっかり打ち解けて、楽しい交流の場となりました。

 

 

 

午後は、ツボと対応する精油の復習。

 

DSCN4143[1]

DSCN4130[1]

 

強壮、調整、鎮静、それぞれのテクニックの使い分けを学びました。

 

 

↓ 授業中、具合が悪くなってしまった受講生にも、ガブリエル先生のアロマティックメリディアンマッサージは大変有効でした!!

 

 

DSCN4164[1]

 

 

セミナーの最後は、ケーススタディ。

 

クライアントを想定して、

 

どの要素のバランスが乱れているかを考察し、

 

回復させるための3つの精油のブレンディングとツボの組み合わせを考えていきます。

 

DSCN4175[1]DSCN4172[1]

 

 

「3日間、情報盛りだくさんすぎて頭がイッパイ・・・」

 

という声も聞かれましたが、

 

このケーススタディで「やっと分かった!」「実践に使えそう!!」という声が聞こえてきましたよ。

 

 

DSCN4191[1]DSCN4190[1]

 

 

ご参加の皆さん、卒業おめでとうございます!

 

そして、ありがとうございました~!

 

 

アロマセラピストとして、精油選びに自信がつき、

 

「トリートメントにツボを組み込もう!」という気持ちになった方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

ガブリエル先生から受講生へのメッセージは、

 

「ダイナミックに五行を使おう!

 

自分の「神(Shen)」に訊いて、感じたことに自信を持って!

 

「魄」を使って直観を高め、

 

「意」を使って分析しよう!

 

そして、目の前のクライアントさんのために、ベストな精油をブレンドができますように!」

 

でした。

 

 

 皆様、

 

是非、また元気にお会いしましょう~!

 

 

英国IFPA認定アロマセラピーディプロマコース

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ