• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2016.03.20

大切な人が病気になったら・・・

人生の中で、

 

「大切な人が病を患う」という経験は誰にでもあります。

 

 

医師から告知を受ければ、

 

本人のみならず、家族も、頭が真っ白になってしまうものです。

 

 

良く分からず、慌てて手術の同意書にサインをしてしまったり、

 

何も考えず、薬を服用してしまうこともあるかもしれません。

 

 

そんなときは、

 

「何故病気になったのか」

 

ということを考える猶予は与えられません。

 

 

 

昨年6月に開催された南アフリカDI認定セラピューティック・リフレクソロジーディプロマコース在校生による「インガ先生を囲む会」では、

 

th_DSC03249 sDSC03471

 

参加者から、

 

様々な病気に対するアプローチの質問がありました。

 

 

重症筋無力症、

 

下垂体ホルモンの異常、

 

脊髄空洞症、

 

高血圧、

 

子宮内膜増殖症 など。

 

 

 

インガ・ドーガン先生は、

 

「大きな病気を患ったからと、急に慌てるのではなく、

 

身体からのメッセージに耳を傾けなさい」

 

と言います。

 

sDSC03427

 

膝や腕の痛み、皮膚のシミ、目、鼻、喉、その他、あちこちの症状etc…。

 

経絡の滞りがある時、

 

身体は、精一杯、私たちに語りかけているのです。

 

 

そして、滞りが改善されない場合に、

 

病気となって、メッセージを発してくるのです。

 

 

sDSC03449

 

日ごろから定期的にケアを受けていれば、

 

大きな病気になりにくいし、

 

なっても慌てることはありません。

 

sDSC03469

 

 

「南アフリカではリフレクソロジーは国家資格」といっても、

 

セラピストが病気を手術で切り取ることはしません。

 

 

その代り、

 

身体からのメッセージを読み取り、クライアントに説明をします。

 

そして、経絡の滞りを流すことで、

 

症状の進行を遅らせ、

 

回復力を高め、生活の質を高めてくれるのです。

 

 

勿論、セラピューティック・リフレクソロジーを始めとする自然療法は、

 

西洋医学の治療と並行しても、

 

安全に受けることが可能です。

 

 

sDSC03399

 

 

医師とは違ったスタンスで病気に対してアプローチする「プロのセラピスト」。

 

そんな「プロのセラピスト」が地域にいるというのは、何とも心強いことですよね。

 

 

 

南アフリカDI認定セラピューティック・リフレクソロジーディプロマコースの1期生・2期生さんたち、

 

そろそろ100症例のケーススタディを終えて、卒業間近、開業間近の方がいらっしゃいますよ!

 

 

南アフリカの国家資格のリフレクソロジストと同等の資格を持つ、セラピューティック・リフレクソロジスト達が、日本の様々な地域で活躍してくださること、

 

そして、多くのクライアントさん、病気のご家族がいる方の助けになりますこと、とても嬉しく思っています。

 

 

 卒業生のリストは、IMSIのウェブサイトに掲載させて頂く予定ですので、

 

プロからの施術を受けたい方は、少々お待ちくださいね。

 

 

4/29(金・祝)セラピーフェスティバルで施術が受けられます!

 

4/13(水)開講 南アフリカDI認定セラピューティック・リフレクソロジーディプロマコース

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.