• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2016.10.10

インガ・ドーガン先生来日ワークショップ② ~ 副甲状腺、性ホルモン、身体の声を聞いてホルモンバランスを整える~

インガ・ドーガン先生の来日ワークショップ~ホルモンバランスと東洋医学~の2日目。

P1040754

副甲状腺のお話から始まりました。

普段あまり注目されないホルモンですが、

神経、筋肉、感情、

そして、私たちの細胞全てにとって必要な、

カルシウムの代謝に重要なホルモン。

経絡としては、腎経の内枝が通り、

五行としては水の要素に属しています。

P1040611

腎結石ができたら、

「カルシウムの過剰摂取」と言われるかもしれない。

骨粗鬆症になったら、

「カルシウムを摂りなさい」と言われるかもしれない。

でも、本当に大切なことは、

私たちの身体が摂取した食品を分解し、

カルシウムを吸収し、役立てること。

それには、やはり消化器が大切なのだということを学びました。

P1040617

 

そして、性ホルモンについて。

腎経は、子宮と前立腺を通過し、

膀胱経は、卵巣と精巣に伝達される神経を司る腰椎3番と連絡し、

脾・膵経は、子宮や乳腺を通過し、

胃経は、卵巣や乳腺を通過し、

肝経は、子宮や精巣、外生殖器を通過し、視床下部や松果体とも関わり、

胆経は、卵巣を通過し、エストロゲンとプロゲステロンのバランスに関わる・・・

つまり、

足を通る6本全ての経絡が、

生殖器系と関わるホルモンに関連してきます。

どの経絡に弱まりがあるかは、

それぞれの経絡の走行に注目すると、見えてくるのです。

P1040659

例えば、顔に現れるシミやクマ、頬の赤みなどのサイン。

良く見ると、経絡の走行と一致していることが多くあります。

P1040634

例えば、ニキビがフェイスラインに見られる場合、

「ホルモンのトラブル」と診断されるかもしれません。

でも簡単にホルモン剤を服用することが、解決策でしょうか・・・?

P1040653

身体は、必死で私たちに警告を発しているのです。

特に、ホルモンの不調は、

身体の中の信号機が壊れて、

色んな車が、メチャクチャに走ってしまうようなもの。

他の心身の機能にも大きな影響を与えます。

私たちセラピストは、

「ホルモン不足」だからと、ホルモンの補充をする代わりに、

身体の声を聴きながら、

身体全体のバランスを回復させることが仕事なのです。

では、どうやって・・・?

それが、インガ流のセラピューティック・リフレクソロジー。

P1040687

 

見た目は、「足の趾で遊んでいる」ようですが、

P1040683

「普通とは、かなり違う効果がある」というのが、

ご参加の方にはお分かり頂けたかと思います。

P1040731

 P1040741

 

 

P1040722

施術者も、受け手も、笑いがこみ上げてきます。

(インガ先生より、

「本物のクライアントに施術する時は、

セラピストは笑っちゃダメ!」という指示が・・・!)

P1040713       

↑ この「ローテーティング・サム」という動き、「肩でやるとこんな感じ」。

 

僅か10分程度の施術でも、

「暑い!」と上着を脱ぐ受講生さんや、

お手洗いに駆け込む方も・・・。

理論は深く、テクニックはシンプル&パワフル!

今日習った手技は、今日から結果が出せるのです。

ご参加の皆さま、大変お疲れ様でした~!!

P1040748

「頭がパンパン!」

「脳がフル回転!!」

「でも、国際セミナーは、こうでなくっちゃ~!!!」

なんて声が多く聞かれた、今回のワークショップ。

明日、全体のまとめを書きますね!!

 

P1040752

授業終了後も、大人気のインガ先生でした。

皆さま、本当にありがとうござまいます!!

 

 

 

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.