冨野学院長のブログ

2017.01.12

風邪とアロマセラピー

アロマセラピートリートメントの禁忌事項に

「風邪などの感染症」とあります。

もちろん風邪を引いて具合が悪い時には人混みは避けて、自宅でゆっくりするのが一番ですのですから、サロンに出向いてトリートメントを受けるのはお勧めしません。

でも、「手当て」という言葉があるように、具合が悪い時に身体に手を当てることはとても有効です。具合が悪い時ほど、是非ご家庭でタッチケアをして頂きたいものです。

風邪を引くと、気づかぬうちに身体がこわばって、あちこちが固くなってしまいます。特に、首の後ろ~肩甲骨の間にかけては、呼吸器系に関するツボが密集していますので、この辺りを丁寧にほぐしていけば、身体は温まり、風邪が治りやすくなります。

「ほぐし方が分からない」という人は、愛情こめて触れ、ゆっくりとさするだけでも構いません。受ける側が「気持ちいい」と感じれば、自然と筋肉は緩むものです。

本当に必要な時のタッチは、どんなプロの手にもかないません。

少しの工夫と愛情があれば、家庭で簡単にタッチケアが出来ますので、是非一般家庭でも実践して頂きたいと思います。

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ