• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2017.01.12

メディカルアロマセラピーと通常のアロマセラピー

メディカルアロマセラピーを学びたいのですが、

IFPAコースで学ぶアロマセラピーは、メディカルアロマセラピーですか?」

というお問い合わせを、時々頂きます。

「メディカルアロマセラピー」

という言葉、よく聞きますが、

そもそも、私は、

「全てのアロマセラピーは、メディカルアロマセラピーではないか!」

と思っています。

ガットフォッセが、

自らの火傷をラベンダーの精油で治したことがアロマセラピー発祥のきっかけという事は、

世界中のどのアロマセラピーの教科書にも書いてありますよね。

使用する人が、

リラクゼーション目的であろうと、

どんな目的であろうと、

精油には、そもそも薬理効果があるのです。

tulip

例えば、「リラックスしたい」という理由でお風呂に精油を入れるとします。

すると、精油は、

リラックスのみならず、

肩こりや筋肉痛の緩和や、

風邪など感染症の予防対策、

ニキビなど皮膚の炎症を抑えたり、

生理痛やPMSの緩和、

消化器系の促進、

むくみの改善、

睡眠の質の向上 etc・・・・。

様々な方面に、精油は働きかけてくれるのです。

apple

IMSIでは、わざわざ「メディカルアロマセラピー」という言葉は使っていませんが、

精油の薬理作用は、バシバシ勉強して頂きますよ!

勿論、IFPAのプログラムには、

「各国の法律も学び、それぞれの法に則ってプロフェッショナルとして施術を行うこと」

が義務付けられています。

ですから、IMSIの生徒さんには、

精油の薬理作用もしっかりと学びつつ、

日本の医師法や薬事法に抵触しないように、法律についても学んで頂いています。

bud

ちなみに、私は、大きな病気や怪我をしていないのが幸いですが、

自然療法を学び始めてから、ほとんど医薬品を使っていません。

風邪や頭痛は勿論、虫よけや、蚊に刺された時でさえも、自然療法で対応していますよ。

20130120_213007

IMSIではマテリアアロマティカの精油を使っていますが、

プライベートでは、マテリアアロマティカのほかに、フプの森yuicaなどの国産精油、それにクルッティのオーストラリア精油もよく使っています。

右から2番目のラベルの無いのは、ネパール産のヨモギの精油です。

これも、アジアの薬草の代表格ですから、とてもパワフルに効いてくれますよ!

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.