• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

「セラピストは、邪気を受けやすい?!」と思っている方へ

心身に不調をお持ちのクライアントが、笑顔になったり、元気になったり。

クライアントに喜んで頂けて、

こちらも逆に元気ももらえて、

セラピストって、ほーんとに嬉しい仕事ですよね♪

 

・・・なんて、いつも思っているのですが。

「私、邪気を受けやすいんです」

と言う方もいらっしゃるのです。

 

あらあら。

それは大変!

 

でも、

ロンドンのロイヤルフリーホスピタルで

年間33,000件のアロママッサージを行う補完療法チームのリーダー、キース・ハントさんは、

毎日4時半に起きて、5時半に出勤しているハードワーカーですが、

16歳で病院で働き始めてから50年近く、無欠勤だそうです。

南アフリカでリフレクソロジーを国家資格に導いたインガ・ドーガン先生は、

かつては1日15人のクライアントに施術をしていたそうですが、

「リフレクソロジストになって35年、

一度も病院に行っていない、健康保険にも入っていない!」

のだそうです。

ベトナムのチャウ先生は、戦後の貧しいベトナムで、

行列が絶えないほどの病気の人を治療し続けたそうですが、

「邪気って何ですか?」と言わんばかりの顔ですよね。

「人から邪気をもらってしまう人」もいれば、

「病気の人に触れても何ともない人」もいるのですね。

この差は、いったい何なのでしょう。

 

自然療法の講師として、

私が「邪気をもらってしまう人」に確認したいことの1つは、

「施術の時の姿勢はどうですか?」ということです。

 

実際、そのような方は、肩に力が入っていたり、

首を傾げていたりすることも多いのです。

 

良い姿勢でセラピーを行なえば、

太極拳やヨガをやった後のように、エネルギーがみなぎってきますよ。

 

万が一、邪気をもらってしまったとしても、

背すじが伸びていて、足がグラウンディングできていれば、

天と地が、その邪気を吸い取ってくれるから大丈夫です!

 

次に聞きたいことは、

「きちんとイキイキとしたものを食べ、よく眠っていますか?」

 

どんな仕事もそうですが、

セラピストはやっぱり身体が資本!

気血の流れが十分にあって滞りがなければ、

人は健康で、様々な影響を受けにくくなるのです。

 

3つ目に聞きたいことは、

「セラピーを受けていますか?」

意外と多いのが、人に施術するばかりで自分は受けていないという方。

 

セラピーは人の心身を健康にするものなのであれば、

セラピストが率先して受けるべきですよね。

 

「分かっちゃいるけど、時間がない・・・」と言う方も多いですが、

サロン勤務の方であれば、同僚の方と5分~15分ほどの交換セッションでも良いのです。

 

または、家族に肩、腰、足を揉んでもらうというのだって、立派なセラピーです。

ケーススタディ中の受講生の方は、是非自分も誰かのケーススタディモデルになりましょう。

 

その他のアドバイスとしては、

アロマを使いましょう!

 

精油の中には、

宗教儀式で使われてきたミルラやフランキンセンス、

魔除けとして活用されてきたジュニパーなど、

エネルギーの高い植物もたくさんあります。

そもそも、植物はどれもエネルギーが高いと言えるのですが。

 

アロマセラピーを有効活用することで、

心身共に元気になり、気の影響を受けにくくなりますよ。

 

そして、

さっと一瞬できる健康法を身に付けましょう。

 

邪気の影響・・・でなかったとしても、

ちょっとした体調不良のときに、プロのセラピストであれば

ささっと対処できる健康法を持っていると大変便利です。

 

呼吸法や瞑想法なども手軽で良いのですが、

私の場合は、心身共にケアできるディエンチャンを活用しています。

 

本当に一瞬で身体の状態が変わるので、もう手放せません!

 

人に触れるということは、

良い気もたくさん頂いているということですよ。

重い病気の方に触れる時だって、

私は、その方から湧き出てくる気を頂いて、

自分の気を差し上げて、

気の交換をしているように感じます。

 

ですので「邪気」なんて恐れずに、

どんどん人に触れていきましょうネ。

 

そして、人に触れれば触れるほど、セラピスト自身も、

心身共にイキイキと元気になっていきましょう。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.