• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

娘の入院中の自然療法~心臓手術からの回復

たくさんの方から入院中の娘への励しのコメントを頂き、

ありがとうございました!

 

お陰様で、手術後、驚くべき回復を見せています。

術後は、正に「全身管だらけ」の状態で、

目覚めたら半狂乱・・・でしたが、

今は、口から食事も摂れるようになり、

初めて観る、しまじろうやアンパンマンなどお子様向けDVDや、

ゼリーなどのおやつ(普段食べさせていないが、仕方ない・・・)にご満悦~になってきました。

さて、

大学病院でセラピーのボランティアをしていますから、

生まれてたての赤ちゃんから、人生の終わりに近づいている方まで、

入院患者さんに、セラピーがとても喜ばれることは、

よーく分かります。

 

セラピーは、治療ではありませんが、

「気持ちの良いマリラクセーション」だけでもありません。

 

入院中のセラピーは、

循環を促し、冷えやむくみの解消につながります。

食欲を刺激し、消化を促します。

睡眠の質を向上させます。

心を明るく、前向きにさせます。

神経系への刺激になり、うつや認知症の予防になります。

筋肉を刺激し、筋力の低下を防ぎます。

身体が軽く、体調が良く感じることで、生きる意欲を与えます。

痛みを和らげ、気持ちを安らかにさせます。

深呼吸を促し、身体に酸素がみなぎるのを助けます。

 

このほか、たくさんの効果があります。

 

そして、これらの効果が、西洋医学的な治療の効果をサポートするのです。

私の場合は、普段からよく娘に足と顔の施術をしているのですが、

入院中も、せっせと行っています。

 

全身拘束で抱っこできなくても、手、足、顔のセラピーならできます。

 

↓足のリフレクソロジー

 

顔は、手によるマッサージも良いのですが、

↓ 我が家ではディエンチャングッズが大人気です。

術後、熱が上がってしまったり、

落ち着かずになかなか寝なかったりしたときは、

「陰のローラー」が活躍します。

 

ヒンヤリして気持ちが良く、心地よい眠りに落ちてしまいます。

入院中は、オイルや精油が使えないことも多いですから、

短時間で服を着たままできるリフレクソロジーとディエンチャンが大活躍です。

 

勿論、個室でアロマが使える環境であれば、尚良いと思います。

小児病棟には、たくさんの子どもが入院していますが、

羨ましそう~に、見ている子もいます。

 

他の子にもやってあげたいのですが、勝手にやる訳にもいかないですネ。

我が子の回復の早さとパワフルさに、医師もかなり驚いていました。

日々のセラピーの効果だと、私は密かに思っているのです。

 

やっぱり子どもは反応が早く、正直ですが、

勿論、どんな年代の方にも、セラピーは有益です。

大切な方へセラピーしてみたい方、是非ご相談くださいね。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.