• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

入院中の自然療法~笑いの力と回復力

この週末に、娘は退院することになりました。

たくさんの温かい励ましのメッセージ、ありがとうございました。

 

「心臓手術をしたら、暫くは寝たきりだから、

それまで覚えたことのいくつかは、できなくなってしまうでしょう」

と、医師に言われていました。

 

だから、立ったり喋ったりし始める1歳での手術は、避けようと思っていたのです。

 

結果的には、1歳半で手術ということになってしまいましたが、

私たちの不安をよそに、

術後1週間で、以前と全く変わらない様子で遊びまくっています。

子どもの回復力って、スゴイですネ。

 

医療の力、そして皆さまの温かいサポートに、感謝です!!

私自身も、1日中病院に貼り付き、又は仕事の後病院に駆け込む・・・

という生活が約2週間続いていますが、

幸い、あまり疲れを感じていないのです。

 

それどころか、病院での生活に、励まされることも多いと感じています。

 

笑うことが免疫を上げ、心身の健康に役立つことは、

既に多くの方が研究し、実践されていますが、

病院生活の中でも、うちの娘、本当にニコニコしているのです。

 

注射などの処置では、もちろんギャン泣きですが、

暫くすると、ニコニコ。

 

医療スタッフ、他のお子さんや親御さん、お掃除の方など、誰にでも、ニコニコ。

ニコニコパワーは、周りも巻き込む大きなパワーです。

 

「この力って、やっぱり大きいなぁ~」と、病院生活の中で、改めて思いました。

手術の翌日、呼吸器の管だけは抜けたものの、まだ全身管だらけで拘束されているとき、

私が「手術後の舌を診たい」という、勝手でマニアックな欲望にかられて、

「あっかんべぇ~」と言っていたら、

一瞬、ペロッと舌を出してくれたのです。

「おお~、やっぱり舌が紫&白くなってる!」なんて、東洋医学の舌診断で盛り上がってしまいましたが、

よくよく写真を見ると、この時の娘も、なんだか微笑んでいますネ。

 

スゴイなぁ~、と改めて感心してしまいまいた。

 

うちの娘は、ナチュラルに「笑う健康法」を実践していますが、

病状が良くなかったり、心身の痛みがなかなか取れなかったりで、

「ハイ、笑ってください~」なんて言われても、

笑える状況ではないか方もいらっしゃいますよね。

 

医療スタッフだって、緊張したり、忙しかったりで、

「いつでも笑顔」とはいかないときもあるかと思います。

そんな時、やっぱり「セラピストが、明るく周りを照らす存在になれたら良いな」と思います。

 

セラピーの心身に対する効果というのは、言うまでもありませんが、

セラピスト自身も、周りをパッと明るくする存在でありたいですね。

 

娘の姿を見ていたら、私も見習って、

セラピストとして、もっともっと周りの方の回復をサポートしたくてウズウズしてきました~。

「家族の専属セラピストになりたい!」「職業セラピストになりたい!」という方も、精一杯サポートします!!

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.