• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

妊娠初期・てんかん・手術後6か月etc・・・禁忌の”神話”を破壊!

私が会員になっている英国のリフレクソロジー協会AOR(Association of Reflexologists)の機関誌、Reflexions。

リフレクソロジーの専門の雑誌が日本にはないので、貴重な情報源となっています。

 

2017年3月号は、”Myth busting(神話を破壊する)”と題して、

18ページにも渡って、リフレクソロジーの”神話”について、書かれています。

 

例えば、

「妊娠初期の方にリフレクソロジーをしてはいけない」

「手術後6か月間は、リフレクソロジーをしてはいけない」

「てんかんの患者にリフレクソロジーをしてはいけない」などなど・・・・

答えは、全て「FALSE(うそ)!」

 

リフレクソロジーは、生まれたての赤ちゃんから、今まさに天に召されようとしている方まで、

全ての方に安全に行えるセラピーなのです。

 

もちろん、リフレクソロジーだけでなく、ほかの多くの自然療法にも言えることです

(アロマセラピーにも、「ラベンダーとカモミールは妊婦には危険!」のような”神話”がありますよね)。

でも、「禁忌がない」というのは、プロフェッショナルセラピスト向けの雑誌だからです。

 

解剖生理学や病理学をきちんと学び、技術の訓練を積んでプロになった上でのこと。

「禁忌」は、施術者側の知識や経験によって変わります。

 

知識がない状態で、適当に揉むのは、やはりおすすめできません。

 

IMSIのセラピューティック・リフレクソロジーディプロマコースの授業でも同様の内容をお話していますが、

イギリスの権威ある協会が、公式にこのように発表しているのは、

なんとも心強いですね!!

 

きちんと学んだプロのセラピストが増えて、セラピーが、本当に必要とする方に届きますように!

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.