冨野学院長のブログ

2019.05.21

帯状疱疹と自然療法

帯状疱疹、私は罹ったことはありませんが、

経験者によると、「眠れないほどの激痛~!」なのだそうです。

 

子どもの頃に水ぼうそうに罹った後、

水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスが神経節に潜み、

免疫力が低下したときにウイルスが復活し、

その神経節の支配する皮膚のエリアに水ぶくれを起こすのです。

かさぶたは3週間~1ヵ月くらいで治まりますが、

その後神経痛になってしまう人も多いようです。

私がイギリスへ渡る前は、

「感染症にはセラピーは禁忌」だと思っていたのですが、

イギリスで色んな書籍を見てみると

“Chicken Pox (水疱瘡)”、”Cold Sore(ヘルペス)”などの自然療法のケアが載っていて、

感激したものです。

 

ちなみに、帯状疱疹へのケアは、

レモンバームのチンキや、セントジョーンズワートオイルなどが勧められています。

 

忘れてはならないのが、免疫低下が原因ということ。

病気は、私たちにメッセージを届けてくれています。

食事、睡眠、心の状態、生活習慣を見直してみる、良いチャンスですネ!

免疫強壮に良い”メディカルマッシュルーム”として、シイタケや舞茸が紹介されていました~!

(いずれの写真もBODY INTO BALANCE An Herbal Guide to Holistic Self Careより)

自然療法は、気になる症状をすぐに和らげるために対症的にも使えるし、

根本から体質改善するのにも、両方に使えますよね!

多くの方に、自然療法をお伝えしていきたいと思います!

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ