• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

ターミナル(終末期)ケアと自然療法

家族を癒したい!」が自然療法を学ぶ原点。

セラピストを志して20年経った今でも、その想いは変わっていません。

 

セラピスト人生で思い出深いのは、

祖母にたくさんセラピーをしてあげられたことです。

祖母は3年前に亡くなりましたが、私に最後に発した言葉が「背中!」。

「背中をマッサージして欲しい」という意味でした。

ターミナル(終末期)ケアにおいては、

痛みや苦痛の緩和にセラピーは大変有効だと認められていますが、

では実際には、どんな施術が良いのでしょうか?

 

ズバリ! 

手で直接、優しく触れる、密着感タ~ップリのセラピーがおすすめです。

 

まさに、アロマセラピートリートメントのような、密着感のあるセラピーです。

実は、このことを教えてくれたのは、鍼灸学校の先生でした。

 

鍼灸師でさえも、ターミナルの場においては、鍼や灸を置いて、

手で素肌に触れるのが一番だと思う、のだそうです。

それを聞いて、感動しました。

 

祖母が末期になったときには

「今日はアロマですよ~♪」と言って、

パジャマをびろーんとめくって、

背中、足、手など、出来る限りの部位をアロマセラピートリートメントをしたものです。

 

リクエストの背中は、少しだけ横向きになってもらいタオルなどで支えて、

ゆったりとしたストロークを何度も何度も繰り返しました。

こちらがウトウトと眠ってしまうくらい、優しくてゆっくりとしたストロークです。

医療スタッフの皆さんも、「いい匂い~!」と喜んでくださって、

周りがパッと明るくなりました。

 

祖母がすごく喜んでくれて、同時に、私もすごく癒されました。

それだけで「セラピストになって良かった~!!!」と心から思いました。

 

人の手には、本当に、不思議な力がありますね。

「人を癒さなければ!」なんていう強い気持ちは必要ありません。

ただただ、相手に寄り添って、手を当てて、ゆーっくり擦るだけで良いのです。

そして、相手と一緒に過ごす時間を、心から愉しみましょう。

 

私は、自然療法を伝えることで、

大切な人が病気になったり人生の終わりに近づいた時、

「私には何もできない!」と思う人を減らしていきたいと思っています。

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.