• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

ディエンチャンアドバンスDay6不妊、糖尿病、神経痛、味覚障害、耳鳴り、足のタコ、脳腫瘍、ヘバーデン結節、自律神経失調症etc・・・

 

ディエンチャンアドバンス最終日。

6日連続の長丁場でしたが、一人も休まず、疲れた顔も見せず、

元気イッパイのクラスとなりました。

まずは、ティー先生の不妊へのアプローチのお話から。

ベトナムでも、不妊の問題は増えてきているようで、

ディエンチャンでも多くの症例があるようです。

腎臓、卵巣へのアプローチや、子宮を温めるツボなど、様々なアプローチを学びました。

不妊に限らず、冷えやストレスの多い現代人に活用できそうです!

痛み、刺すような痛み、かゆみ、不快感など、様々な感覚へ対するツボなども学びました。

皆さんノ表情は、真剣そのもの!

糖尿病のケアも学びました。

大切なのは、直接的に関係のある膵臓はもちろんのこと、

脾臓、肝臓、腎臓など、隠れた原因に対するケア。

そして、東洋医学的には三焦経へのアプローチも有効なのだとか。

糖尿病の症状が進み、「足を切断しなければならない」と言われたお爺さんが、

ディエンチャンを受けて改善した例なども紹介されました。

↓ こちらは、神経痛のケア。

「ドライヤーを使って温める」など、家庭で簡単にできるケアも紹介されました。

また、施術者が「いかがですか?」と訊き、

クライアントが患部に意識を向けることも、

痛みの軽減につながることがあるのだそうです。

ふむふむ、面白い!

「顔診断」の紹介では、

ホクロやシミ、シワなど、顔に現れる徴候から、病気を予測する方法を学びました。

「色々分かり過ぎて、コワイ!」という声も上がりましたが、

「病気を予測し、準備ができれば、乗り越えることができる!

道に穴が開いていることを予め知っていたら、避けられるではないか!!」

というタム先生の心強いお言葉に、一同納得。

↓ 眼の問題のケアでは、受講生への施術のデモが行われました。

眼のケアなのに、みるみる顔色も明るくなり、表情も豊かになり、

声のトーンまで変わってくることに、皆さんから感嘆の声が!

↓ ディエンチャンは、見ている皆さんも、笑顔に、幸せな気分にさせるセラピーですね。

味覚障害、耳鳴り、足のタコ、脳腫瘍、ヘバーデン結節、自律神経失調症etc・・・。

時間の許す限り、様々な健康の問題に対するアプローチが紹介されました。

今年も、たくさんの「ベトナム医道認定ディエンチャンセラピスト」が誕生しました!

おめでとうございます!

タム先生、ティー先生は、長年のディエンチャンの施術からの経験談、

ほかに、知っていること、伝えたいこと、創始者チャウ先生の想い、

正に全てを、このアドバンスコースで惜しみなく受講生に与えてくださいました。

 

それでも、「更なる質問も、メールで受け付けまーす!」と、とっても寛大な夫妻。

受講生の皆さんは、ディエンチャンの技術や知識はもちろんのこと、

心の在り方、健康や病気との向き合い方、臨機応変・柔軟・自由な発想、応用力など、

人生においても必要な、多くのことを学んだのではないでしょうか?

 

そして、よく食べてよく笑い、いつも元気で、好奇心旺盛の夫妻から、

たくさんのエネルギーをもらったようですね。

私たちも、いつも明るくパワフルで、周りの人たちが自然にが元気になってしまう・・・、

そんなセラピストを目指したいですね!

ご参加の皆さま、本当にありがとうございました!

どうぞ、たくさんの方を健康で、幸せにしてくださいね。

もちろん、セルフケアも大切に!

またお会いできますことを楽しみにしています!

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.