• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

認知症・アルツハイマー病と自然療法

世界でダントツの「超高齢化社会」に突入した日本において、

認知症・アルツハイマー病は、

「(自分が)なりたくない、(家族に)なってほしくない病気」のNo.1です。

 

そして、「根本的な治療法やと治療薬がない」というのも、現状です。

でも、何事もそうなのですが、

良く知らないことを闇雲に怖がるよりも、

きちんと学ぶことで、安心して向き合うことが可能になります。

 

しかも、

「アロマセラピーが認知症の予防や早期発見、軽・中度の症状改善や減薬への有力な鍵になる」

という大学の研究データがあるとしたら・・・???

これは、絶対に学びたいですよね!!!

先日、鳥取大学発ベンチャー・株式会社ハイパーブレインの鍵谷 浩一郎先生をお招きし、

認知症とメディカルアロマセラピーのセミナーが開講されました。

 

告知と同時に、あっという間に満席になり、

このテーマに、多くの方が関心を持っていることが伺えました。

 

鍵谷先生のお話を聴いた後、

参加して下さったIFPAコースの卒業生さんたちと、

「アロマが”海馬”を刺激して認知症の予防に役立つのなら、

セラピストはボケる訳にはいきませんね~!」なんて、話していましたヨ。

 

さて、鳥取大学の臨床データは、私たちにとって勇気と希望を与える内容でしたが、

アロマセラピストとしては、仰天することでもありません。

 

ローズマリーは、古代ギリシャ時代から、頭脳を明晰にし記憶力を増すと信じられてきました。

 

英国IFPA会長のガブリエル・モージェイ先生も、

著書『スピリットとアロマテラピー(フレグランスジャーナル社)』で

記憶力や物忘れと精油について述べています。

東洋医学で言うと「心の気を高める」作用のあるローズマリーは、

健脳作用を持つ精油の中でも最も強力な精油の1つ。

集中できない場合、神経衰弱を伴う時はローズマリーがおすすめですが、

勉強のお供にはローレルも、おすすめ。

 

ティートゥリーは、血液循環を促進することで、

体力の衰えから来る集中力の低下を防いでくれる精油。

ほかにも、創造性を刺激するのはコリアンダー、

意識を明晰にして細かな事柄を覚えたいときはレモン、

学習能力向上に最も効果的な精油はペパーミントです。

 

アロマセラピーだけでは、ありません。

南アフリカのセラピューティックリフレクソロジーでは、

足の第一趾の肝経の内枝は脳の内部を通るため、

肝経の滞りは、アルツハイマーなど認知症の原因となるとしています。

定期的にトリートメントを受け、滞りを解消しておくことが、認知症の予防につながるのです。

ベトナムのディエンチャンも、顔を刺激する自然療法ですが、

顔は脳に近く、

また、顔にも頭部や脳に働きかける反射区が多数ありますので、

認知機能のアップにはかなり実績があります。

ベトナム医道センターでの施術の様子。お年寄りもたくさん訪れます。

私たちセラピストは、クライアントを健康にすることが仕事ですが、

私たち自身も、いくつになっても、健康で若々しくいたいですよね。

ご興味のある方、詳しく話を聴きたい方、

是非IMSIのオープンキャンパスガイダンスにいらしてくださいね!

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.