• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

眼精疲労と自然療法

東洋医学をベースとした自然療法を実践し、お伝えしていますが、

古典ばかり眺めていても、現代人を癒すことが難しい・・・ということもあるのです。

 

何故なら・・・、

古代の人と、現代人とでは、身体の使い方が違いすぎますね!

 

古代の人と比べて、現代人が酷使し過ぎている部位と言えば・・・、

脳、膵臓、副腎、肝臓、胃etc・・・、色々とあり、

この辺りも追ってお話していきたいとは思いますが、

今日は、誰もが分かりやすい、目のお話を。

セラピストになりたての頃、

フェイシャルでは「目の周りは優しく!」と習ったのでその通りにやったら、

クライアントに「目の周りをグイってやって~!」と言われ、

コワゴワ、眼窩の骨に沿ってしっかりと押すと、

「そうそう! それをやって欲しかったのよ~!」と言われたこともあります。

 

パソコン、スマホ、ゲーム、テレビetc・・・、

現代に生きる私たちは、本当に、一日中、目を酷使していますよね。

 

「お薬は嫌い」という方でも、目薬が手放せない方も・・・。

眼精疲労は、「見えにくい」「ショボショボして不快」といった問題だけではありません。

東洋医学では、目は「肝が開くところ」。

 

また、経絡を見てみると、

目の下には胃経、目頭の上は膀胱経、目尻には胆経と、重要な経絡が集まっています。

つまり、様々な臓器への気の流れにも影響するのです。

「妊婦さんは、目を酷使してはいけない」と言われていますよね?

 

スマホもゲームも、目を酷使することを何もしていない優良妊婦さんが「目が疲れる!」と言ったり、

長時間の分娩を経て出産した女性が「目が疲れた~!」なんて言ったりすることもあります。

 

ベトナム医道では、目は生殖器系と密接な関わりがあります。

現代人に月経不順や子宮や卵巣の病気が多いのは、眼精疲労と無関係ではありません。

目を酷使してはいけないのは、妊婦さんだけではないのです。

 

中学生、高校生でスマホとか、ほんとに良くないですね。

パソコン、スマホ、ゲーム、テレビなどで目を酷使しない、というのはもちろんですが、

普通に目を開けていても、目は働いているのです。

 

目が休んでいられるのは、寝ている時間。

睡眠は、質も重要ですが、やっぱり量も大切。

 

目がお疲れの現代人は、少しでも長く睡眠時間を確保すると良いですね!

 

それに、やっぱり定期的な自然療法のケアはとてもおすすめです。

私たちセラピストは、病気になった臓器を治すことはできませんが、

眼精疲労のケアは、比較的得意なのです!

 

アロマフェイシャルでは、目の周りの筋肉をほぐすことができますし、

目の反射区は、顔にも足にもあります。

もちろん、目の周りのツボを直接押しても良いのです。

 

こうして目を大切にケアすることは、内臓を大切にケアすることにもつながるのです。

不快な症状は、身体からのメッセ―ジ。

 

「パソコンのせい」「スマホのせい」「仕事だから仕方ない・・・」と言わずに、

目をいたわってあげましょう。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.