• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

高齢者の骨折と自然療法

英国ロイヤルフリー病院では、

全ての病棟にセラピストが常駐し、患者さんのケアを行っています。

「全ての病棟」というと、集中治療室や隔離病棟なども含まれ、

重篤な疾患や、緊急を要する方、手術前の方、感染症で隔離されている方などにも、

アロマセラピーによる全人的なケアが行われています。

どんな時でも、セラピストにできること、セラピストにしかできないことがあるのです。

英国で自然療法学ばせていただいたことが大きな励みになり、

これまで、色々な病気や疾患をお持ちの方に、セラピーをさせていただきました。

そして、身内に何かあった時にも、セラピーが大いに役立ってくれました。

 

少し前のお話になりますが、

祖母が交通事故に遭って、腕と足を骨折し、入院しました。

 

私の場合は、

仕事ですぐにお見舞いに行けなかったため、

精油をブレンドしてアロマスプレーとクリームを作成し、母に託しました。

クリームは、患部に直接塗れなくても、首、肩、反対の手足に塗ってもらうためです。

 

事故の精神的ショックからの回復、

慣れないベッドで緊張している首や肩、腰の筋肉疲労の緩和、

負担の掛かっている反対側の手足の疲労の緩和、

睡眠の質や食欲を向上させること、

病室内の雰囲気を明るくすること!

そんなことを目的とすれば、

自然療法で、できることはたくさんあるのです。

 

このアロマスプレー&クリームは、

祖母だけではなく、ケアする側の母にとっても、

「癒しになった!」と喜んでもらえました。

入院の付き添いって、大変ですものね。

後日、病院に駆けつけて、

筋肉疲労がある首・肩には、優しく、且つ、しっかりとしたアロマトリートメント、

そして、手、足、顔へのリフレクソロジーも行いました。

 

全体で30分程度といったミニセラピーですが、

ご飯も美味しく食べられて、ぐっすり眠れるとのことで、喜んでもらえました。

その後も、出来る限りお見舞い&セラピーに行き、

骨がくっついた後は、医師に許可をもらって、患部にも優しいトリートメントを行いました。

4

↑骨折した側の足です。

少しのトリートメントで、むくみが取れて、皮膚の色がキレイになります。

本人も、とても喜んでいました。

 

そして、

「高齢だし、このまま歩けなくなるかも・・・」と誰もが恐れていたのですが、

その後、リハビリを経て、スタスタと歩けるように回復したのです。

医師やリハビリ担当のPTさんも、仰天していました。

「骨折に自然療法!?」と、

タイトルを見て、不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、骨をくっつけることが目的ではなく、

回復するのをサポートすることを目的とすれば、

自然療法でできることって、たくさんあるのですね。

 

元気で長生きしてくれた祖母は、今は天国にいますが、

たくさんセラピーしてあげられたことが、私のセラピストとしての大きな励みになっています。

自然療法にご興味ある方、体験したい方、是非オープンキャンパスにいらしてくださいね。

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.